2014/4/30

季節の鳥ー干潟の賑わい  野鳥写真


干潟も春の賑わいか、多くのシギ・チドリで久しぶりの盛況だ。カモたちはコガモが目立つくらいでバンもヒドリガモもほとんど見当たらない。長かった冬鳥の季節から夏鳥への移り変わりに目を見張る。
今日はメダイチドリとチュウシャクシギが沢山。ダイゼン、キョウジョシギ、ソリハシシギ、ハマシギ、オバシギなど珍しいところではサルハマシギが2羽、まだ赤い色にはなっていないが、多くのカメラマンの注目を集めている。

 メダイチドリの色も鮮やかになって 
クリックすると元のサイズで表示します

 小さいながらも赤い色が華やか
クリックすると元のサイズで表示します

 オオメダイは色が薄く地味に見える。
クリックすると元のサイズで表示します

 流れに沿って多くのシギたちが集う。
クリックすると元のサイズで表示します

 
 水中で餌を探すチュウシャクシギ
クリックすると元のサイズで表示します

 ダイゼンやハマシギも沢山
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 野鳥  風景

2014/4/19

季節の鳥ーそろそろお帰り?  野鳥写真


花見が終わって八重桜やしだれ桜が満開となってきたこの頃、冬鳥たちも帰り始めてその姿も日々減ってきている。この時期目立つのは青い羽根が一層鮮やかさを増してきたカワセミだろうか。光に映える姿は遠目にも輝いて見える。カモたちも帰る準備をしているのかペアになっているものが多い。
しかしまだ春の鳥のウグイス、ヒバリの鳴き声も少ない感じだ。泥んこの春の田んぼでは忙しく動く元気なコチドリが目立つが、タシギは泥にまみれて餌を食んでいる。そして時々色鮮やかなきじのオスが出てきて彩りを添えてくれる。春の陽ざしの中でのどかな鳥たちの日常が垣間見られる。

 今獲ったばかりの魚をくわえて
クリックすると元のサイズで表示します

 大きな眼で周りを見渡す
クリックすると元のサイズで表示します

 2匹目を狙うか、水中を見つめて
クリックすると元のサイズで表示します

 オナガガモもきれいになって帰りが近い
クリックすると元のサイズで表示します

 コガモだってきれいだ!
クリックすると元のサイズで表示します

 元気に飛び跳ねるコガモ
クリックすると元のサイズで表示します

 全身に光を浴びて飛び立とう!
クリックすると元のサイズで表示します

 泥の中からでてきたタシギ
クリックすると元のサイズで表示します

 元気で忙しいコチドリ
クリックすると元のサイズで表示します

 見回りか?畦道に出てきたオスのキジ 
クリックすると元のサイズで表示します

 白い石の手前にメスの頭が見えるキジの夫婦
クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: 野鳥  風景

2014/4/5

季節の鳥ー今時の鳥  野鳥写真


桜が咲いて一挙に春が来た感じで野原では草木も花芽も明るい光に包まれてそろって動き出した。気候の変動が激しい昨今鳥たちは無事故郷を目指して帰っただろうか。
来る鳥、帰る鳥と鳥たちの出入りも忙しくなりそう。
 3月末、ミコアイサに続いてヒレンジャクがきていというので行ってみた。大きな柳のてっぺんで若芽を啄んでいる一羽のレンジャクを見た。池には少なくなったとはいえキンクロハジロ、ヒドリガモ、ハシビロガモガモ、オナガガモたちがまだかなりいた。カワセミはここでの人気者だが今日はヒレンジャクと掛け持ちするカメラマンが多かった。

 大きな柳の上で眼下を眺めるヒレンジャク
クリックすると元のサイズで表示します

 鯉との競争も真剣な餌場のヒドリガモ
クリックすると元のサイズで表示します

 大勢のカメラマンだって平気なカワセミ
クリックすると元のサイズで表示します

 相並んで、オナガガモとキンクロハジロ
クリックすると元のサイズで表示します

 バンの真っ赤な嘴と黄緑の足が映えるね!
クリックすると元のサイズで表示します

 黒一色ではないバンの全体像
クリックすると元のサイズで表示します

 
 小さな池にも来るユリカモメ、パンを食べるの 
クリックすると元のサイズで表示します

 ハシビロガモも食欲旺盛、帰り支度かな?
クリックすると元のサイズで表示します

 婦唱夫随で行くコガモのペア
クリックすると元のサイズで表示します

 抱卵の準備に忙しいセイタカシギ
クリックすると元のサイズで表示します

 
 芽吹いたヨシの間の群がるセイタカシギ
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 野鳥  風景

2014/3/17

季節の鳥ー春の散策  野鳥写真


 遠方からの友人たちも一緒に近場の公園を歩く。久しぶりの春の日、鳥見日和は楽しい散策となった。ここ数年やってきていたオオハクチョウの親子はもうとっくにいない。オオバンがあちこちで目につく。先日谷津干潟に行った時は30羽ぐらいも集まっていて黒い集団を形成していた。そしてカワウが杭の上に羽を広げて甲羅干し、これも春?カイツブリはどこに行っても元気だ。ダイサギ、コサギ、アオサギといつもの姿が、久しぶりの出会いはオカヨシガモだった。
 午後からはスコープを持って案内してくださる方とご一緒になって同じ公園でも小川の流れている端の方でじっくりと観察、話題も豊富で充実したバードウウォッチングとなった。

 オオバン、今年は沢山見たような気がする。
クリックすると元のサイズで表示します

 コサギの羽毛が川風になびくよ。
クリックすると元のサイズで表示します

 餌を捕まえて、水中には黄色い足が映る。
クリックすると元のサイズで表示します
 
 

 
 
 
 カワウの羽根干し、これも春の風物詩?
クリックすると元のサイズで表示します

 さっきは足を滑らせて水中にドボンだったね。
クリックすると元のサイズで表示します

 いつも元気で忙しそうなカイツブリ君
クリックすると元のサイズで表示します

 オレンジ色の足と嘴が目立つオカヨシガモのメス
クリックすると元のサイズで表示します

 オレンジ色の足と黒い嘴のオカヨシガモのオス
クリックすると元のサイズで表示します

 シジュウカラも賑やかに囀る、嬉しい春!
クリックすると元のサイズで表示します

 枯葉を跳ね飛ばしながら進むアカハラ
クリックすると元のサイズで表示します

 暗い茂みから出てきて正面顔を見せてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 野鳥  風景

2014/2/1

季節の鳥ーミコアイサ  野鳥写真


 つい先日コスズガモを探しに行った池に今度は突然ミコアイサが一羽やって来たとの知らせに驚いた。こんな街の中の池にミコアイサが来たことなんて聞いたことがない。天気の良い暖かい鳥見日和の日だったので別の公園にいたのだけれどすぐに方向転換してミコアイサの池にやってきた。沢山のカモたちが午後の陽ざしを浴びてのどかに浮かんでいた。その白黒のキンクロハジロの近くで一羽だけ元気に忙しく動き回って遠目にも真っ白のに見える鳥がミコアイサだった。
人とは一定の距離を保ちそれ以上近くに来ることはない。

 一羽で来ても元気でご活躍のミコアイサ
クリックすると元のサイズで表示します

 後頭部には大きなV字サインがありました
クリックすると元のサイズで表示します

 後ろ姿のV字はクッキリと目立つ
クリックすると元のサイズで表示します

 羽根を広げると黒い部分も結構多い
クリックすると元のサイズで表示します

 ここにいつまでいるのだろう?
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 野鳥  風景



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ