日常のこと、見たTV番組のミーハーな感想とか?、
写真やカメラのこと、
好きなモータースポーツやミニカーとか、
気まぐれに書いていきたいと思います。
応援しているライコネンや、
注目している(応援?)ベッテルについても書こうかな。

2016/9/7

RedBull RB9(インドGPモデル)  ミニチュア

直近ので、ミニカー話を書いたので、今回はミニカーを

クリックすると元のサイズで表示します

今回もガッツリ写真を載せましたので、ご覧の方は右側の
続きを読むをクリックしてくださいね。




レッドブルの2013年モデルです。
通常発売の前期型ではなく、チャンピオン決定のインドGP仕様を待ってたら、発売が2015年10月になってしまいました

このマシン、クオリティが当然上がっていますが(でないと困る)

クリックすると元のサイズで表示します

↑まずは大きな変更として、色が実車と同じく、メタリックになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

↑2012年型はソリッドな色だったので、それだけでも大きなステップアップです。

全体的なバランスの良さが2012年のライコネンのロータスモデル並に素晴らしいです。

↓ますは2012年のレッドブル

クリックすると元のサイズで表示します

↑モノコックが低すぎてタイヤとのバランスがとれてない(悪く言えば全長が長いorタイヤがデカイ)
ついでにノーズが分厚すぎて、背が低いのにデブみたいなバランスです

クリックすると元のサイズで表示します

↑今回の2013年型レッドブル
バランスが見事です。
けっこう実車に近いバランスになっていますね。
まぁ2012年のロータスの完璧さには及ばないかもしれませんが、素晴らしいのは間違いない

クリックすると元のサイズで表示します

前からみた時のこの左右のピシっと感
左右に各パーツが傾いてるのが当たり前でしたが、運良くどのパーツもビシっとしたのがありました
ミラーに、前後ウイング、そして細々としたパーツに、サスやタイヤ
僕が買った個体以外も、なかなかバランスが良かったです。
今回は精度が上がってると思っていいのかも。

クリックすると元のサイズで表示します

↑2012年型
なぜか細い棒状のパーツで支えていますが、実車はこんな細いパーツは使っていません。
わざわざなぜこんな過剰な表現を…

クリックすると元のサイズで表示します

↑今回のはバッチリ
これまた実車同様の良いバランス表現です。
これでこそリアルな感じで楽しめます。

クリックすると元のサイズで表示します

↑2012年型

クリックすると元のサイズで表示します

↑今回の2013年型
こうやって見ると、サイドポンツーンの空気の取り入れ方や量は随分変わっていたんですねぇ。
(ここは特に前年が悪いとかいう部分じゃないですよ^v^

クリックすると元のサイズで表示します

↑2012年モデル

クリックすると元のサイズで表示します

↑2013年型
このホイールも、技術アップを感じる部分ですね。
前年のはなにか接着剤で埋めたかのような、謎な液状のモノが見えていましたが
今回はスッキリと綺麗にパーツが成立しています

クリックすると元のサイズで表示します

↑2012年F1の最大の特徴だった“段差ノーズ”

クリックすると元のサイズで表示します

↑2013年型はカバー装着が可能になりましたね
良い表現です。段差じゃなくこういうマイルドな形状になったので、外見の不満も減りましたるんるん

(前年型ミニカーでの)ノーズのぼってり感と、(今回の)リアルでスッキリ感が
このアングルだとよく楽しめます(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

↑2012年

クリックすると元のサイズで表示します

実に良いバランスで、格好良い ̄ー ̄

クリックすると元のサイズで表示します

コクピット周りの細かいパーツが、綺麗に表現されていて(変にごってりとしてない)、
分厚すぎ感のあるパーツもなく良いバランスだと思います

クリックすると元のサイズで表示します

近年どんどんと複雑化するフロントウイングもご覧の通り、素晴らしいバランス

コアンダエギゾーストもこの2013年で見納めとなりますが、
2012年型から
クリックすると元のサイズで表示します

2012年の後半は2013年も採用していたデザインになるのですが、
僕は2012年のブラジルGP仕様をもっていないので、この2013年のインドGP仕様で
レッドブルのこの形状を初めてじっくり眺められることに

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

このあたりの改良で、ベッテルがより乗りやすいマシンになったのか、後半は9連勝という記録が達成されたんでしょうね。
今回のはライコネンの2012年ロータスシリーズ以来、ガッツリ気に入るクオリティでした。



2014年モデルは成績からしても、特に興味ないのでスルーしちゃったので(苦笑)
レッドブルはこれがラストかなぁ´_`

次はミニヘルメットか
ブラーゴのミニカーへいきたいと思います。

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ