透し百合(すかしゆり)  花折々


 おはよう 曇りです 

クリックすると元のサイズで表示します

透し百合(すかしゆり)です
花びらの下部にすき間があることから「透かし」のある百合で透かし百合になったそうです
太陽が恋しいのか、上を向いて咲きます
日当たりの良いところが大好きみたいだからね
花色各種、園芸種も多い
上を向いて咲くので白色は結婚式の花嫁が持つブーケに入っていたりします
隙間から愛がこぼれそうだけれど・・・式に来てくれた人へ、幸せのおすそ分け?
なるほど
この百合はあまり香りません 
薄い色なら茶花にも使えそうだが、どんなものだろう
ちょっと派手過ぎるのかな さすがに茶室では見たことは無いね
あ そうそう ここでちょっと豆知識
百合の花びらは六枚に見えますが、三枚ずつ2段になっています
上の方の三枚が花びらで、下の三枚は花びらではなく萼(がく)なのです
知らなかったでしょ
原種は、地域型として、太平洋型と日本海型で、若干の違いが見られます
一部は絶滅危惧種とされているので、注意のこと
山から掘って持ち帰ったりはしないで下さいね
またこれらは改良種、交配種の母種として、使用されているのです
有名なカサブランカなどもこの末裔なのです
ゆり科ゆり属






0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ