2014/4/22

ムナグロ 尾津蓮田  鳥撮る


時々小雨も降り一日中曇り空の20日日曜日。蓮田では蓮の種起こし作業があちこっち。先週と同じようにタシギが目に付き、コチドリが多くなりコチドリ同士の追いかけっこがあちこっち。

先週ムナグロを見つけられなかったが今日は四個体と出会った。カラス一羽が上空を飛んだだけでムナグロは驚き一斉に飛んで警戒している。渡ってきたばかりなのであろう。

曇りの中画像を見てみればムナグロのいい色が出ている。その背中、肩羽、翼の黄金色の細かい斑による英名は「黄金色のチドリ」とある。
ムナグロの前面を見て日本人は黒色を選び、地球の反対の西洋人は黄金色を選んだ、国民性なのだろう。私には黄金など縁がないがやっぱし前から見る黒の方が男前じゃー。

我が家の何冊も有る図鑑は夏羽、冬羽、幼鳥の説明はあるが雌の記載は無いが、
今日出会った四個体は胸が黒い二個体と黒がない二個体、雄 雌二ペアーと判断した。

クリックすると元のサイズで表示します

右の蓮田にムナグロ、左にはヒクイナ

クリックすると元のサイズで表示します

防波堤から覗いてみたら7羽のチュウシャクシギ まだ少ないなぁー。

クリックすると元のサイズで表示します

ツバメの飛翔、複数入れて狙ったが難しいわぃ。




4

2014/4/17

春のタシギ  鳥撮る

   
4月6日 日曜日下見がてら尾津蓮田、タシギはいなかったような気がするが居たのカモ。
4月13日 雨の蓮田の日曜日ではタシギの団体さんが到着し自由行動なのだろう、覗く蓮田覗く蓮田にはタシギが単独だったり複数居たりで捕食行動。尾津蓮田にはいったい何十羽いるのだろうか。

だがモデルになってくれるタシギはいない。近すぎて飛び去って行く、飛んで気が付いたり、掘り起こした黒い土の中だったり、蓮田の奥の方だったりで。
仕方なくモデルになってと水田の中のタシギに時間をかけてお願いをしたらシャッターを切らせてもらった。

東の方の大先生に「タシギも婚姻色で美しくなる」と聞いたことがあるが、秋に出会っても冬に出会っても春でもそんなに代わり映えせんじゃーと見ているが、大先生のおっしゃる通りどこか違うのかも。やっぱしマンネリビギナーはいかん。繁殖地へ飛び去るまで勉強させてもらわなくちゃ。

クリックすると元のサイズで表示します

11月24日 撮影個体

クリックすると元のサイズで表示します

1月27日 撮影個体

クリックすると元のサイズで表示します

4月13日 撮影個体
秋 冬 春と並べてみたが。婚姻色って?





5

2014/4/15

雨の中の蓮田  鳥撮る

  
降り続く雨の日曜日、こんな日に鳥観に行くアホウはおらんわい とアホウ二人が尾津蓮田へ。
日曜日、銀行はお休みだしお日様は借金鳥から雲隠れ、おまけに借金鳥をだますためか一日中雨を降らせている。お日様の勝手には勝てんわいと蓮田ではレンズに傘(フード)を付ける。

先週と違い蓮田の上をツバメ一種だけが低く飛び回っている。チュウヒの塒場所に比べ明るいとツバメ飛翔に挑戦。画像は全部削除であるが翻るシーンなど手応えを感じこれは次回に生かせると思った。

ノビタ君の姿も見たが蓮田の中、雨の中でも絶えず移動中。可愛いいお目眼を狙ったがゆっくり付き合うことはできなかった。でもチョット記念写真。雨

クリックすると元のサイズで表示します

ツバメの飛翔写真を狙っているとき一羽が近距離に止まった。
私からは死角手も足も出ない、後ろの座席からあきがGH3で
パシャパシャの画像。



クリックすると元のサイズで表示します









5

2014/4/12

チュウヒ  鳥撮る

   
冬の今シーズンのチュウヒ個体、ただ今整理中。
塒場所が夕方明るいときに姿を見せるのは一個体のみで、後の四個体は日が暮れ影絵で個体識別はできない状態の最悪シーズンで終わった。

そんな中暗い画像から気になる個体が浮かんだ。同時に観ている人からハイイロチュウヒ♀が帰ってきたという人が居たが紛らわしいチュウヒであった。今シーズンハイイロチュウヒ♀は一度だけ塒場所に現れたことがあるがそれっきりゼロ。

風切、尾羽には横帯が見られるがハイイロチュウヒ♀に比べれば細く横帯が多い。
それだけではない 脇というか下雨覆いに太い横帯が見られる。私が初と思うのはこの部分である。三シーズン前から見ている塒場所、ここでは初個体を辛うじて形態が解る証拠写真が残った。

来シーズンこの個体をマークし、絵になり説明できる画像をと考えているが、なにーーー来年、来シーズンじゃとーー、もうどこかで鬼が笑っているが。

クリックすると元のサイズで表示します

黒い画像からハイイロチュウヒ♀に似た個体が浮いてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下雨覆いに太い横帯。これが気になった。

クリックすると元のサイズで表示します

今シーズン唯一現れたハイイロチュウヒ♀ 2013/12/1

 
5

2014/4/8

チュウヒ 4月6日最後の塒入り  鳥撮る

   
隣のサクラはアッと咲き、前日の風雨でアッと言う間に木の下はサクラ色の道。
寒気が流れ込み雨、風、わずかな晴れ間の繰り返し、山口では霙の嵐になったときもある6日の日曜日。夕方は風も弱まり空は晴れ。夕日の上に黄色い雲、頭上のお月さんにも雲は無し。2013〜2014 塒入り場所は最後の風景である。

ハイイロチュウヒは抜けたがチュウヒ3個体は塒入りに帰ってくると聞き予定を組んだ。
まず尾津蓮田に下見がてらに顔を出す。ツバメ コシアカツバメ イワツバメ アマツバメ と四種が強風の中スピードに乗って飛び回っていた。特に大きなアマツバメ近くでの飛行、500_じゃーファインダーにも入らない。今日は諦めチュウヒ塒場所へと車を走らせる。

13時ごろ台道干拓着、ここで期待していなかったチュウヒの姿を観た。この個体が塒場所秋穂二島に18:20 東の方から帰ってきた。以前にも台道干拓で同じ個体を見たという人もいた。と言うことは佐波川方面中心に日中過ごし秋穂二島の塒まで約10キロあり、何時も遅く帰ってくるのだろう。

この個体は昨年は山口湾の西側きらら浜で時々姿が見られた。最後の最後に辛うじてこの個体であることが確認できた。
この個体が塒場所を殆ど飛び回らず、葦原に沈んだ後もう一羽も帰ってきてすぐ葦原に消えた。最後の日チュウヒ二個体の塒入りで今シーズン終わりにした。

デジブックは2013年1月昨シーズンの画像7点を含めて同じ個体で6日の塒入りシーンにし最後は夜桜一本と真上のお月さんで締めた。

クリックすると元のサイズで表示します

二階の我が家の玄関を出たら目の前にトラ。
サクラの枝先のメジロ一羽を狙っているが先の方まで行く勇気無し。
私に気づき枝の上で踵を返してドジった顔をこちらにみせ姿を消した。
メジロはまだ桜の花に位置を変えながら顔を突っ込んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





5



teacup.ブログ “AutoPage”