2018/7/14

ミツバチスタジオ 三回目  鳥撮る

   

西日本の記録的豪雨被害、県外から心配の電話があったが、広島市内の我が家は被害なし。週末の第四回目のミツバチスタジオへは渓谷の水は半端じゃない水量とか、それに交通網も遮断で中止にした。

この日は家から出ず先週の7月1日日曜日ミツバチスタジオの画像の整理した。6月30日土曜日夜は車の中は暑く虫よけ対策をしドアーを開けっぱなしにして朝を迎えた。ブラインドでは8時間半の観察。午前中は雄5、午後は雄4雌1の計10個体が現れたが、これと言ったドラマ、ハプニングはなく何か消化不良に終わった。

デジブックを作ってみても一回目二回目と同じような内容で、なにか気乗りがしない。だがその中で高い枝から降下したとき、上雨覆を起こしている一枚のシーンがあった。
以前チュウシャクシギ、オオヒシクイが着地、着水する一瞬、バスタード翼とよばれる小翼羽と上下雨覆を起こしブレーキとして働かしていることを記載した。ハチクマの画像を見ても雨覆は雨合羽だけではなく飛行目的によって使いこなしているのであろう。

7月14日の夕方、スコップ、カマ、ノコギリを用意しミツバチスタジオへ出発。サー山道は心配の所であるが、連休だー。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


枝から急降下した一瞬の連続画像ではあるがごちゃごちゃした
画像の中に上雨覆を、お起こしている。






4
タグ: ハチクマ

2018/6/30

ミツバチスタジオ 二回目ー2  鳥撮る

   
24日午前中、雄が立ち去り一段落。ウグイスは側で鳴き続きイカルの声もミツバチスタジオに響き渡る。ブラインドの後方のスギ林ではサンコウチョウが近くで鳴いたり、遠くで鳴いたりの中、昼飯だ――。

250円也のおこわ、家から持ってきたプチトマトとバナナ一本とポットのお茶で昼食。この後何時も昼寝であるが聴力は働かせている。ハチクマが近くに来た気配を小鳥たちの行動で知ることができ、目を見開き緊張の時間。

午後雌個体が現れ、先週初めて現れた新人雌も姿を見せ、この個体が冠羽を立て警戒体制の先にはこれまた新人雌個体が高い枝に現れた。この個体をE個体とした。

雌二個体が居なくなった後ミツバチスタジオで、雌E個体が12分間も嘴を開け語尾を伸ばし鳴き続けた。この鳴き方は相手を意識しているのだろうが意味が分からない。

デジブックは二本立てにした。
二本目はミツバチスタジオでは今まで見なかった雌E個体。鳴いてるシーンも撮影できたのも初めて。



クリックすると元のサイズで表示します

まだ遡って調べていないがミツバチスタジオでは初めての雌個体と思う。












5
タグ: ハチクマ

2018/6/27

ミツバチスタジオ二回目-1  鳥撮る

   
6月下旬ハチクマは抱卵中なのだろう、24日の午前中は雄ばかり四個体が現れた。その中の一個体はシャッターを切るチャンスはいくらでもあったが、あきも私も勘違いしその個体を無視しファインダーに入れなかった。後で別個体とわかり二人ともドジってしまったと嘆く。

この日はシャッターを切りすぎ整理に時間がかかりまだ終わっていない。

デジブックは午前中現れた雄三個体をまとめた。



クリックすると元のサイズで表示します

蝋膜に黄色が残っている三年目の個体。虹彩は赤色の特徴がある。






3
タグ: ハチクマ

2018/6/20

2018年ミツバチスタジオ初日  鳥撮る

   
昨年の春は早くから温度が上がり晴れのお天気も続き花、花、花盛りが続き、蜂蜜はとってもとっても追いつかないぐらい豊作。スズメバチも早くから活発に行動していた事でハチクマはミツバチスタジオにはあまり現れず冴えないシーズンで終わった。
今年の春は桜が早く咲き早く散ったように野の花も早く咲き乱れ早く終わった。ミツバチの働きバチが育ったごろは花が終わり蜜がないということで蜂蜜は不作であった。と養蜂家の話を聞いた。

今シーズンは昨年と比べたぶんスズメバチも例年どおり暑い夏本番に入る7月の終わりから活発に動きがあるのであろう。

今シーズン、もうミツバチスタジオには雄4雌4の8個体が現れているが、私の初日17日の日曜日は5個体顔を出し一年ぶりの気分を味わった。雄3雌2の5個体をデジブックに詰め込んだ。


クリックすると元のサイズで表示します

目の後方に丸く灰色になっていて嘴と蝋膜の間は色が淡い。
この個体初めて繁殖に現れた三年目の若鳥カモ


クリックすると元のサイズで表示します

初めて出会う暗色雌個体。虹彩がオレンジ色と言いうことは
成熟おばさんカモ 






5
タグ: ハチクマ

2018/5/30

春の蓮田 最後の日  鳥撮る

   
シギ、チドリの旅鳥の尾津蓮田、この春最後の日。なんにもいない でも犬も歩けば棒に当たるで出かけた。アマサギ4羽あとは単独行動のコサギがアッチャでもコッチャでもバラバラ、バンもチラチラ、ツバメも数は少ないが飛び回っていた。

予定道理シャッターを一度も切らず帰るかと車を走らせていたら、ちいちゃいのが二つ蓮田の中。双眼鏡で確認してみるとヒクイナ2羽。13日はペアーでいるのに一羽しかファインダーに入らず消化不良であった。

蓮の種付けが終わり農家の人たちの姿は無く静かな蓮田の27日日曜日。今日は人がいない中ペアーでの行動が見られたがすぐ草むらの中へ消えていった。

春の蓮田 最後の出会いはヒクイナで終わった。ヒクイナはここ蓮田に一年中いると地元のでこちゃんの話だが、今までファインダーでは一度シャッターを切ったら次がなかったのに今シーズンはラッキーに二度も出会えた。


デジブックは私の画像不足であき撮影の4点を使用しそれをシメに使った。


クリックすると元のサイズで表示します

体色の濃い差が違う2羽。濃い方がチト体が大きく見えあんたは雄か雌かどっち

クリックすると元のサイズで表示します






5
タグ: ヒクイナ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ