2017/7/13

ミツバチスタジオ第四回目  鳥撮る

   
7月9日 8時前にはブラインドでスタンバイ。
曇りの朝ハシブトガラスが二羽巣立ちした雛が親を呼ぶ鳴き声、スタジオ内でうるさくなかなか鳴き止まない。都会のカラス軍団は嫌な存在。自然の中のカラスはチラホラで七つの子の童謡にもあるようになんだか親しみすら持って黒いタカと言っていたが今日のカラスはブラインドの近くで雛が鳴き続け親二羽も。肝心のハチクマが近づくと雛を守る親はカァーカァーー攻撃。早く遠くへ行ってくれることを願っていたがハチクマはなかなか姿を見せない。

時間は過ぎ11時半辺りが暗くなり雨が激しく降りブラインドの中で雨に濡れながら小さくなって雨脚の収まるのを一時間も待った。雨が上がりしばらくすると下の方で重機の音。家が建つことで山を整地し始めか時々金属音のでっかい音が心臓にも響く。この音ではハチクマは寄り付かない がもう少し待ってみようと構えていたらまた辺りが暗くなり雨が落ちだした。

時計は15時今日はこれで店じまいと片付け始めるとまたまた激しく雨が降り出す、そんな中何もかも濡れながら店じまいをし帰途に着いた。渓谷の道は濁った山水その中に木や小石が至る所、気を付けながら車の運転、やっと県道に出たがその状態はあちこちで出会う。雨は上がったが高速道路は50キロ規制。今日は何にも収穫なしの一日 くたびれもうけ で終わった。


クリックすると元のサイズで表示します

車中で朝食を済ませ外に出て見れば山々はガスをかぶっている。
墨絵のような風景とシャッターを切ったがこの中でタカ一羽が飛んでいたらと
思ったがこの時間帯じゃ無理無理。

クリックすると元のサイズで表示します

スタジオ内で大きな口を開けうるさいぐらい親を呼んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します


3

2017/7/5

ミツバチスタジオ-3回目  鳥撮る

  
7月2日 第三回目のミツバチスタジオ。初日6月18日に顔を出した熟女二世。二回目の6月25日にも熟女二世一個体だけ現れたがすぐ消えた。

7月2日も熟女二世が姿を見せ今日は計三個体。二個体目は熟女二世を正面から見た時熟女に間違いやすくよく似た雌個体が現れた。今まで見たことのない初の個体であったが顔は別として前面が似ていることで熟女二世の従妹としイトコ、ハトコで「イトハトコ」の名を付けた。

もう一個体も雌であったが眉斑の白さが目立つので「シロビ」と名を付けたこの個体は数秒で消えた。三個体出会った時間は少なく暇なので名前を付ける余裕がありましたがー

今日は三度目にしてやっと三個体現れたが雌だけ。6月13日巣箱がスタジオに来て雄4個体が14、15、16、21日と一個体づつ現れてそれっきり。後は雌が殆ど7月3日まで8個体が現れている。今巣の中は雛が孵ったばかりかと思うがスタジオに雌だけが顔を出すのは・・・前半雌だけが多いことは今までに無い事例。後半どうなるか心配じゃー


クリックすると元のサイズで表示します

7月2日に現れた時の熟女二世

クリックすると元のサイズで表示します

7月2日一番目に現れたシロビ




4
タグ: ハチクマ

2017/6/21

ミツバチスタジオー1  鳥撮る

   
一年ぶりのミツバチスタジオがスタート、梅雨入りして二週間晴天続きであったが6月18日日曜日8時間ブラインドの中。10時過ぎ一個体スタジオに現れ20分間付き合ってくれたがこの日はこれで終わり。

6月13日巣箱がスタジオにやってきたがここでの蜜収穫はまだないが♀5 ♂2羽が現れている。雌は午前中。

ハチクマは抱卵、孵化には約30日。雛は約40日で飛べるようになり二週間後には独り立ちをする。雌が午前中だけ現れるということは逆算してみてこの時期の雌の行動は役割はとイメージを膨らませているが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

2014/06/22 撮影 

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/26 撮影

熟女と名を付けた個体は常連さんでスタジオに現れた時他の個体
に比べ堂々としていてここで日光浴もしていたが、三年前から
姿を現さなくなった。毎シーズン顔を出すこの雌個体を熟女二世と名前を付けた。

デジブック 2014、2016年撮影した個体と今日のデジブックの個体は同じ熟女二世。






3
タグ: ハチクマ

2017/5/23

マイフィールドの蓮田のウズラシギ  鳥撮る

  
大授搦で20羽のウズラシギを見た。ここでは飛翔シーンが撮れたらとイメージしていたが4月30日の潮位が5.2メートルで全然飛ぶ必要なしでチャンスは無かった。

帰ってきてマイフィールドの蓮田では4羽のウズラシギ。時間をかければ近距離での出会いはあるが、車中からのヤゴロク撮影では飛翔シーンはへぼカメラマンでは不可能。ゆっくり付き合ってみるとオタマジャクシも捕食していた。



クリックすると元のサイズで表示します

ケリ4羽もいたが一日で居なくなった。
今シーズンの蓮田は例年に比べ、タシギやタカブシギなど探し回らないと見つからないぐらい少なかった。






4

2017/5/18

シギ・チはまだまだまだビギナー  鳥撮る

    
大授搦でいっぱい赤いトウネンを見てきたのに「所変われば品変わる」のことわざ通りの???マンネンビギナー。

5月14日南岩国蓮田でキリアイ4羽見つけたが胸の斑がチョット違うデーとヒバリシギに変身。ヒバリヒバリと言っていたら最後はトウネンに変わった。夏羽で顔が赤くなっている個体も遠ーーくにいた。

図鑑を見て胸の斑がキリアイかーヒバリシギかーと言っているところに、ここ蓮田の主(頼りにしている主さんです)が黄色の足がおらんみんな黒じやーヒバリシギのスマートさも無い トウネンじゃーとプロミナを見ながら指摘された。大授搦であれだけの数を見ているトウネンなのに。

初めからこの蓮田でトウネンなど頭の中にはなかった。これだからマンネンビギナーというところか二人して。 



クリックすると元のサイズで表示します

四年前の5月ここ蓮田で二羽いたうちの一羽。

クリックすると元のサイズで表示します

これもヒバリシギ 






5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ