2018/7/9

久々のファミリー  カモ

 大雨が心配されたけどカルガモのファミリーたちは元気だった。 早いものはもう親たちと変わりないくらい大きくなっている。
 このファミリーは2家族と思われる。  暑いので暗渠に逃げ込もうとしていた。
 この大きさになると30pくらいの段差は乗り越えられる。
  クリックすると元のサイズで表示します

 このファミリーも子供たちが大きくなっていた。
  クリックすると元のサイズで表示します

 イソシギの成鳥夏羽。 タマシギを探したけど見付からなかった。 
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/6/28

クロハラアジサシ  カモメ・アジサシ

 毎年この時季恒例のクロハラアジサシ。 ハジロクロハラアジサシもいるようだけど今日は確認できなかった。
 なかなかピントが合わなくて往生した。
  クリックすると元のサイズで表示します

 カルガモファミリーがごちゃごちゃになっていて何家族いるのかわからなかった。 やっぱりなんか変。 マガモの母親一家は今日は行方不明。
  クリックすると元のサイズで表示します

 もう成鳥と変わらない大きさになっている子供たちがいるけど、この子たちは小さいままで母親の姿は近くに見当たらなかった。 何を食べればいいのか、母親が教えないと餓死する危険性もある。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/6/21

サギのコロニー  サギ類

 改めてサギのコロニーをチェックに行ったら心配はいらないくらいたくさんいた。
 盛んに巣作り中でゴイサギが長い巣材の棒を咥えていた。
  クリックすると元のサイズで表示します

 コサギもカップルで巣作り中。 卵を温めている可能性がある。
 それにしても雑な作りの巣だな〜!
  クリックすると元のサイズで表示します

 カルガモの子供たちは大きくなって親と変わらないファミリーもいる。 右端が親。
  クリックすると元のサイズで表示します

 18羽の子供たちを連れた肝っ玉母さんは子育て上手。
  クリックすると元のサイズで表示します

 マガモの母親ファミリーも子供たちの数に変化なし。 この大きさになるとかなり安全になるのだろう。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/6/19

アオバズク  シギ・チドリ

 以前は東山公園のアオバズクが有名で見に行ったものだけど、今はどうなっているのだろう?
 場所がどこだったかはもう覚えていない。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/6/16

カルガモ親子  カモ

 今年のカルガモファミリーはなんだか変なんだよね。 5日前に14羽の子供たちを連れていた親が今日は18羽も引き連れていた。
 後ろに少し離れている4羽が新加入かどうかはわからない。 一番後ろが少し大きい。
  クリックすると元のサイズで表示します

 親からネグレクトされた子どもたちが加わったのかと思っていたらその子たちは相変わらず子供たちだけで固まっていた。
 そして親から離れた子供たちはもう一組いた。 変だろ〜!
  クリックすると元のサイズで表示します

 マガモの母親が連れている子供たちは5羽で五日前と変わりなし。 
  クリックすると元のサイズで表示します

 今年は観察を始めてからヒナの数が減っておらず、ファミリーは比較的平和な生活を送っているように見える。 
  クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ