2018/1/20

キクイタダキ  冬の小鳥

 キクイタダキに挑戦してきた。 相変わらず手強さは変わらず撮った写真はほとんどゴミ箱へ。
  クリックすると元のサイズで表示します

 カリカリしながらシャッターを押しまくったけど結構楽しかった。 また行ってみよ。
 前回はいつだったか調べたら5年前だった。 つい先日のような気がしたのに・・。
  クリックすると元のサイズで表示します

 帰りは背割りを通ってきた。 オオモズは午前中出ていたけど午後は?  久しぶりにオオタカの若がいたけど写真は撮れず。 代わりに成鳥が隠れているのを見付けた。
  クリックすると元のサイズで表示します

 オオハヤブサは処置無し・・・!
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/1/18

シジュウカラガン  カモ・水鳥

 シジュウカラガンを見に行ってきた。 集団で動くのに1羽だけがコハクチョウと一緒に行動していた。 
  クリックすると元のサイズで表示します

 2番穂やたくさんいるコハクチョウに邪魔されてなかなか全身が撮れなかったけど・・。
  クリックすると元のサイズで表示します

 一度だけ大きく羽ばたいた。 しきりに2番穂を食べて元気いっぱいだった。
  クリックすると元のサイズで表示します

 コハクチョウの集団は三つで、シジュウカラガンと同じ群にアメリカコハクチョウが2羽混じっていた。
  クリックすると元のサイズで表示します

 コハクチョウは人を恐れず、三脚を立てているカメラマンの間近までやってきた。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/1/15

ベニマシコ  冬の小鳥

 ベニマシコを探しに行ったらこんなのが2羽いた。 第1回冬羽ってとこかな〜。
  クリックすると元のサイズで表示します

 注目の鳥も撮ったけど遠くて写真にならなかったのでこの子だけ。
  クリックすると元のサイズで表示します

 背景がぐちゃぐちゃなのでピントが合わなかった。
  クリックすると元のサイズで表示します

 おまけに三脚を立てた場所がふかふかの草の上なのでカメラブレも酷かった。
  クリックすると元のサイズで表示します

 今度はもっと赤い子を探したい。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/1/14

シロハラ  シギ・チドリ

 ジョウビタキに出しているミルワームの餌がシロハラに見付かっちゃった。 体の大きなシロハラは10匹足らずの餌をあっという間に食べてしまう。
 シロハラ用に出してやれば良いのだけどそれでは餌が足りなくなってしまう。 フスマで飼育しているミルワームはどっさりいるけど、シロハラにまで出してやったら春までもたない。
 フスマは小麦の皮・・・農協で1袋20kg入り800円くらい。 20kgあれば10年はもちそう。 

 ミルワームの飼育は簡単。 プラスチック製の昆虫飼育箱にフスマを入れてミルワームを入れるだけ。 夏に成虫になって卵を産み、その後でどっさりとミルワームが誕生し、毎年それを繰り返す。
  クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/1/13

chuuhi  ワシ・タカ

 結局オオモズは居場所を変えてしまって行方不明。 こうなったら出会う機会は極端に少なくなる。
背割り提を含む揖斐川周辺に複数のチュウヒが生息している。 写真を撮って個体識別をしたら面白そう。
 今日の背割りのチュウヒ。  見慣れた個体だ。
  クリックすると元のサイズで表示します

 上と同じ個体。 ここでは頭の白い個体と2羽が生息している。
  クリックすると元のサイズで表示します

 同じ木にオオタカが2羽止まっていた・・・と思ったけど、1羽は胸の横斑がオオタカより荒いのでハイタカの若かもしれない。 オオタカは枝被りしていたので大きさの違いは判らなかった。
  クリックすると元のサイズで表示します

0
タグ: ワシ・タカ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ