花火鑑賞士だったり、新潟清酒達人だったり、おおよそ仕事には関係ない部分で力を発揮しています。小千谷&新潟ネタもちょこちょこ…。 ※人の顔と名前を一致させるのがとても苦手です。先に謝っておきます「ごめんなさい」

2017/12/10  1:10

お台場から2つのタワーを見る  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲え、先週と同じ!? そ、そんなの気のせいですよっ!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 12月は毎週お台場。10分だけだし、ほとんど同じ演出だしって何年も通っていて分かっているのに、なんだか行かねばならぬ気がするのだ。日ごろあまり行かないエリアなのに、この時期だけ異様な出現度である。
 まぁ、撮影場所がいろいろ変えられるというのもミソなんだけれどね。

 今回は、所用で前週よりは到着が遅くなった。昨年あたりから何度か見る中央部の照明回廊もいいなぁと思いつつ、デッキを降りてトコトコトコトコウロウロウロウロ。西の端っこはさすがにガラス器だったので、そこで三脚展開。
 一度やって見たかったダブルタワー狙いである。多分、意味ないし、需要ないし後続の人いないと思うけどwww

 ということで、後ろの東屋で酒盛りしているグループがいたり、そのグループに逆切れしている小学生がいるし、中国人がやかましかったりしていたが、打ち上げ開始でございます!!

続きを読む
0

2017/12/10  1:03

秩父夜祭が生誕祭  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲日本芸術花火大会 2017CHICHIBU YOMATURI HANABI SPECIAL VERSION「虹色のグラデーション」山梨県 齊木義彦(齊木煙火本店)
 結局競技会ではなく、ここで最高の虹を見たということだけが悔やまれる。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 秩父夜祭は日付固定の祭りである。12月3日が本祭。前日に宵宮が行われる。昨年は金土開催で、今年は土日開催。来年からはしばらく平日開催が続く。

 そして12月3日は私の誕生日だったりする\(^o^)/。
 なので、この秩父夜祭は個人的には誕生日プレゼントなのであるw しかも芸協玉対打ちだよ!!

 あ、世界無形文化遺産の笠鉾の行事の方は全く興味がないわけではないのだけど、圧倒的に花火の比重が高くなっている。
 笠鉾が祭りの主役だが、主役だけにそれを見るための混雑ハンパないからなかなか近づけないのだ。昼のうちか、もしくは観光客が引けた後に見るかしかない。屋台芝居とか曳踊りとか、ギリ回しや団子坂以外にも笠鉾には、見所がたくさんある。

 ということで、行きはのんびり各駅停車で秩父に向かう。
 駅前の商店街が様変わりしていて、温泉施設もできたけれど、それらには見向きもせずに芸協ポイントへ。大玉だけ離れた場所で上がるので、花火クラスタはたいていそちらに足を向ける。そして、その場所は祭り会場からは離れるため(当然屋台とかは見られないし、音響もついていない)、混雑とは無縁である。

 三脚だけを置いて、秩父神社にお参りに。だいぶ遅く行ったので、すでにどこぞの屋台に灯が入り、幻想的な様子をチロッとみられただけで満足。行きも帰りもメインルートは混雑しているので、裏道とか空いている道を選んで歩いた。

 戻ってきたころには、すでに人の顔を判別できない頃であった。あわててスタンバイをし、芸協打ち上げを待つ。

続きを読む
0

2017/12/3  8:06

12月の週末はお台場  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲打ち上げ前後の主役は、レインボーブリッジと東京タワーと屋形船

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 東京に住んでいていいところは、12月に毎週花火があることである。

 ということで、今年も始まったお台場レインボー花火。12月初週から年末まで毎週土曜日に10分だけ上がる花火である。内容はそれほど変わらないのだが、レインボーブリッジに東京タワー、お台場からの対岸の夜景と、フォトジェニックな要素満載。ついつい毎週撮りに行ってしまうのである。

 初日は人気定番箇所へ。

 ここの特長は、週を経るごとに(クリスマスが近づくにつれ)観客数が劇的に増えるということ。すなわち、最初の週は一番観客が少ない。撮影属性の数も少ない。
 ということで、激戦地のポイントに早めに出かける。
 しかし、早く来る人は早く来るものであると知る。すでに一番ポイントは占拠済みであった。とはいえ、まだ余裕だったので、場所取りしてからたこ焼きなどを食べて時間を待つ。

続きを読む
0

2017/12/3  1:27

【えびす講】仁義なき戦い  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲今年もキタキタ信州さんのミュースタの虹!!!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 晩秋の美しい花火大会として知られる、長野えびす講煙火大会。この日、この規模の花火が上がるのはほぼここだけだということもあり、長野の人はもちろん、日本各地から好事家が集まる。
続きを読む
0

2017/11/4  0:49

遠かった会津花火  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲テーマ花火(齊木煙火本店)より。至福の瞬間!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 昨年から始まった会津花火。
 初回は、観覧場所の制限が大きく、当日の運営も(初回だから仕方ないけれど)ツッコミどころ満載で、さらにへっぽこな腕では写真もどうにもならずという状態、完全お手上げ。今年はどうしようか、お財布も厳しいしなぁ…、と一旦は切ることにしたんだけど、お仕事がらみで行くことにした。ただし、日帰り。そして復路は新幹線必須だったけれど、往路を高速バスにしてみた。

 そして前々日に気付く。この日、三連休の初日じゃないか!?
 まぁ、でも12:00ちょっと過ぎに郡山到着予定だし、新幹線はお財布にやさしくないし、1〜2時間ぐらいの渋滞は仕方ないか…と覚悟を決める。車内消費用のおやつとか多分渋滞で遅れるだろうからとお昼ごはんまで出発前に調達。定刻通りにバスは出発する。


 そして、しばらく下道を走って、高速に上がって1分以内に渋滞にはまるorz

 高架の先がカーブしており、そのはるかかなたまでノロノロ運転が見える。渋滞情報は30キロと出ている。いや、一応これぐらいは予想の範疇だったんだけどね…。ずーーーーーっと低速道路。途中で運転手が聞いていた渋滞情報によると、「事故のためここから宇都宮まで140分です」
 すでに新宿を出て約2時間。バスは蓮田Pの数キロ手前であった。

 そうこうしているうちに運転手の連続乗務時間のリミットが近づいてきて、とりあえず蓮田Pに入る。いや、入るだけでもえらい渋滞だったんだけどね…。そして、入ってからも大変だった。

 トイレ大渋滞!!

 高速道路のパーキングにはわりかし女性用のトイレが多く設置されているのだが、全然足りていない。トイレからあふれた列が、ざっと50人は超えている状態かと…。こりゃあかんと、お茶だけ買ってバスに戻り、車内トイレで用を済ました。
 そしてバスは再び渋滞に突入!
 のろのろのろのろと低速運転を続け、ようやく事故現場を通過。少し走り出したものの、そもそもの車の量が多いので、いまいちアクセル全開とならない。そうこうしているうちに第2の絶望が訪れる。

 「この先事故渋滞」

 そんな表示がバスの頭の上を過ぎていった。そしてしばらく走ってほぼ停止…。遠くで2車線が1車線化するのが見える。そこが事故現場。
 車×バイク×車の事故で、まだ当事者がその場にいる状態であった。

 ここを過ぎてようやくバスは走り始める。

 が、またもや連続乗務時間オーバーにつき、那須高原にて今度は30分の休憩。すでに1時を過ぎている。時刻通りであれば間もなく目的地に到着する時分であった。 
 ここはトイレは空いていた。物販も空いていたので、ソフトクリームを食べながら時間をつぶす。少し標高が高いからか、色付きが順調に進んでいた。

 東北道を降り、乗り換え地の郡山についたのが15:07。予定時刻を3時間オーバーし、乗車時間は7時間を超えていた。腰も心配だが、肩がすでにバッキバキである。
 しかも、目の前を会津若松行きのバスが出発してしまったというタイミングorz 30分待つことになった。

 30分後のバスに乗り込むと「会津若松市内はひどい渋滞のため、時刻通りの運航ができないかもしれません」と絶望宣言。直後に「(インターを降りてすぐの)アピオは予定通りつけると思います」といわれ、ぱぁぁぁぁぁっと顔が明るくなる。そこが目的地に一番近いんじゃ!!!

 夕日を浴びる紅葉の会津の山を眺め、夕焼けに彩られる美しい雲を眺めつつ、約1時間後にようやく目的地に到着!! 
 長かった、長かったよ。結局バスに8時間乗ったよ(TдT) もう、帰っていいですか!?


 そういうわけにはいかないので、ちゃんと会場に入る。日が沈み、月は昇るものの、すでに「彼は誰時」。友達はどこだーって探しながら、観覧場所となる道路をずんずんと進む。進む先々でスタンバイし終わっている人々に、アー、キターー! とか、間に合った!! とか、こんばんは〜 とか声をかけられる。
 ありがとう、何とかここまで来れたよ〜(T∀T)

 と、いうことで、友達と合流し(場所取り、ありがとうございました)、スタンバイ完了したのが開始20分前、いやぁ、ギリギリだったよ…。


 そうしてようやく打ち上げ開始でございます!!!

続きを読む
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ