花火鑑賞士だったり、新潟清酒達人だったり、おおよそ仕事には関係ない部分で力を発揮しています。小千谷&新潟ネタもちょこちょこ…。 ※人の顔と名前を一致させるのがとても苦手です。先に謝っておきます「ごめんなさい」

 

神明の階段席(6席)譲ります【条件変更】  花火

神明の花火の階段席、友達とダブって取ってしまい、余っています。

【大体の場所】
ブロック:B
段:下から3・4段目
  一部通路に隣接しています

●2段分あるので座り三脚で撮影可能ですが、通路に接しているため、人の出入りが確実にあります
●撮影無しの観覧ももちろん可

【席配置イメージ:6席あります】

   通路側□□□
   通路側□□□

【譲渡数】
 □6席全部手放します。まとめて引き取っていただくのが希望ですが、2〜3席でも相談に応じます

【譲渡条件】定価(@3,000円)+送料負担

 まずはコメント欄に連絡先とメッセージを残してください
 (確認後、連絡先消去します)。ツイッターアカウントを既知の方はそちらでもOK

クリックすると元のサイズで表示します

「神明の花火」の基本情報は★こちら★←市川三郷町のサイトに飛びます
0

2017/6/14  22:08

今年も度肝抜かれる愛染まつり  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲今回のMVPはこれだよね〜。パステルチックな光の点がぐるぐる回り始めた時は何が起きたかと思ったよ!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 6月に欠かせなくなった小千谷の愛染まつり。約1分おきに1発ずつ上がる小千谷煙火の玉をゆったり見られることと、ちょっぴり新作玉が上がってくるというそのちょっぴりのスパイスの引きの具合が凄いここ最近。気が付けばずいぶんマニアが集う祭りになりました。

 とはいえ、基本は地方のお寺のお祭り。
 妙高寺は地元では知られたお寺である。重要文化財に指定されている愛染明王像があるからで、自分は小学校の頃に学校行事で見に行ったことがある。昨今では愛の兜の男・直江兼続が愛染明王を信仰していたというフレーズも付加されている(あ。愛は愛染明王から取っていたんだよ。なお、兼続が「この愛染様」を信仰していたかどうかの真偽は不明)。
 国宝の名が冠されているが、戦前に国宝に指定されていたのは事実(いわゆる旧国宝)。戦後、法令が変わって、重要文化財となっているが、格下げされたわけではないので、某駅近くの大きな看板も偽りではない(こういうのは全国に結構ある)。


続きを読む
2

2017/6/7  0:40

横浜開港祭遠花火  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲見覚えのあるK玉!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 本当はこの日は福島に行くつもりで宿も新幹線も手配済みであった。しかし、直前に収入減が発覚し、お財布が心もとなくなり、あえなく予定変更。
 自宅から1,000円ちょっとで往復できる近場に乗り換える。

 多分、開港祭を見たのは2012年以来か!? あの時は、平日で仕事が終わってからギリギリ駆け付けたんだっけ!?
続きを読む
3

2017/6/2  0:31

セレブな花火を対岸から  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲芝浦側のレインボーブリッジの足元からお台場を望む。目の前は航路のため、屋形船やら貨物船やらフェリーやらがバンバン通る。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 5月の下旬、お台場で未来型花火!? という情報が冬のうちに流れてきていた。
 まぁ、お台場というからには場所はあの辺りだし、2012年の東京ミュージック花火の実績もあるから、まぁあんな感じだろうなぁと高をくくっていた今回の「スターアイランド」

 未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」

 有料席の価格を見て目を疑った。なんで花火を見るがんにベッド席とかがあるがん? なんてディープ魚沼弁が口をつくほどの価格であった。しかもそれらは発売と同時に売り切れなんて何の小芝居!?(おそらくスポンサー席みたいなもので、一般庶民には縁のないものなんだろうなぁと貧相な財布と頭で考える)
 ということで、最安でも8,000円という入場料と知る。


クリックすると元のサイズで表示します
▲開始時間から10分が過ぎる頃、ようやく初弾が上がった。長かった…、長すぎだよ、前段。しかも地味な錦冠だった。慰霊の花火とかなのかなぁと思ったが、たぶん違うよね。



 うん、それで尺玉バンバン上がるのなら、いろんなショーが入っても面白そうよね…。だが、あそこでは尺は上げられん! どうも最後まで金を出す気にならなかったんだよ、純正花火クラスタとしては…。
 ホント、ショーとか音楽とか単体ならまだしも、花火と絡めるとなるとまったく食指が動かないんだよね。個人的にはミュージックスターマインも別に無くてもいいやぁ派なので、花火の迫力が感じられないような小細工には全く興味がないし(あくまで個人的な)価値がないのだ。

 となると、有料席以外で花火を見る場所を探さねばならぬ。

 こういう時に役立つのは東京ミュージック花火の経験。あの時は、お台場の海辺がすべて閉鎖され、アクアシティの上だけで見ていいよということになっていた。ただし、音はない。音は有料観覧席にのみ届くよう指向性のスピーカーが使われていた。
 今回も同じような感じなんだろうなぁと思いつつ、アクアシティの駐車場情報も出てこないので、早々に芝浦側でいいかぁという腹積もりとなっていた。


続きを読む
2

2017/5/23  0:09

マルゴーさんを囲む花火鑑賞士の集い  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲古文書に記された市川の花火を再現したもの。甲州道中記って調べると十返舎一九が出てくるんだけど…。それにしても袋物がにぎやかだし、大きい(畳サイズはおそらく江戸間単位と思われる)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 昨年はプレシンポジウムに参加してお金が無いから…って欠席した「花火鑑賞士の集い」。今年も欠席するつもりだったんだけど(昨年は1泊、今年は3泊しているよ、春の大曲)、マルゴーさんだよって聞いたからには欠席するわけにいかず、身を切って出かけました。
 まぁ、昨年の尺自由玉の部で優勝しているから、当然と言えば、当然なのかもしれないけれどね。

 ということで、今年もフォーシーズンズで開幕。最初に野暮用(日本花火鑑賞士会総会)を済ませて、マルゴーさんの登場!
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ