花火鑑賞士だったり、新潟清酒達人だったり、おおよそ仕事には関係ない部分で力を発揮しています。小千谷&新潟ネタもちょこちょこ…。 ※人の顔と名前を一致させるのがとても苦手です。先に謝っておきます「ごめんなさい」

2017/4/22  16:13

2年ぶり!いせはら芸術花火大会  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲会場は桜満開状態

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 東京では終わった感のある桜。小田急線で下りながら、神奈川県はまだギリギリみられることを知る。それは伊勢原でも同じで、会場に向かう途中満開の桜からの桜吹雪を浴びることになる。
 そしてほんの少し高い位置にある、伊勢原運動公園はその高さのせいか、風の通り道のせいか、まさに満開の桜が待っていた。

 2年ぶりの開催となるいせはら芸術花火大会。
 今年も朝早くからボランティアに向かったのであった。とはいえ、市民ボランティアや実行委員スタッフがちゃんとスタンバイできるまでのつなぎの警備員予備。朝の時間は、近所の方のお散歩コースだったりジョギングコースだったり、お隣の大学のテニスコートへ行くショートカットコース(New!)だったりするので、すでに設置の始まっている筒方面に行かないように案内・誘導する仕事である。
 仕事というよりも、風にあおられてはらはら散る桜吹雪の中たたずむ美女おばちゃんといった方がいいボランティアであった。


クリックすると元のサイズで表示します
▲強い風にあおられて、桜吹雪がグラウンドに舞い散る。正面が伊勢原のシンボル・大山である。この日も朝早くから登山系の人々が駅前からバスに乗り込んでいた


 お役御免の時間となる。さすがに朝7時集合はほぼ始発コースなので、すでに眠気マックス。ブルーシートの上に横になる。マグロやトドが打ち上げられている〜と揶揄されながらもひと時まどろむ。
 少し経って起きると、体に沿って桜の花びらが堆積していた。

 一般客の入場時間を超えてから、こちらも自分たちの観覧場所へ。風の通り道だから、すぐ桜の花びらが飛んでくる。

 ざっくりとセットして、物販側にカネを落としに行く。特大ビールとフランクをゲットしてぷはぁ!

 センターステージでは地元民による音楽やらダンスやらが披露される。市民による市民のための春祭り感。レベルはともかく、祭り感が出る。


クリックすると元のサイズで表示します
▲位置を示すナンバリングにも桜の花びらが…あ、盛りましたw


 16時に鑑賞士の集まりがあったのだが、ちょっとしたトラブル発生(心配したよ、ホントに)
 薄暗くなって、えらい人がえらい話をぶちかました(担当煙火店をどう勘違いしたのか、神明で上げていると紹介)うえでの、緩やかな打ち上げ開始。
 最初は周辺の畜産農家への配慮を兼ねての小さな単発花火から。これ、家畜にも優しいけれど、花火初心者の赤ちゃんにも優しい。もっとも当人の限界値を超えればダメなんだけれどさ…。
続きを読む
1

2017/4/9  22:52

桜と花火と  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲善福寺川緑地公園

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 週末天気悪そうだったので、どっちかというとまともそうな土曜日に近所の桜ポイントに出かけてきた。
 自宅からは徒歩30分以上かかると思うのだけど、途中途中に桜ポイントがあるので、あまり苦にならずに歩いていける。

 ということで、善福寺川緑地公園到着。
 朝方雨が降っていたせいか、思ったより人出が少ない。ベンチも空いている。そのまま座ると湿っぽいので、持参してきたビニールを敷いてから座る。

 そこで、ツェルマットのパンをモグモグ(´〜`)
 このベンチいい具合に桜の花びらが降ってくるなぁと思っていたら、上にヒヨドリがいたよ。花をむしっていたよ。
 そして、ヒヨドリの「落し物」の直撃をくらうorz

 パンのもぐもぐタイムを終えて、散策再開。

続きを読む
1

2017/4/7  23:46

宇根の春祭り  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲八阪神社境内に上組(左)と下組(右)の笠鉾がそろい踏み

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 秩父という土地は小さな神社が多く、その神社には春や秋に祭礼がある土地である。ある意味私の田舎にも似ている。そして、その祭礼には煙火が欠かせない。
 秩父の春祭りといえば、山田の春祭りなんだろうが、あそこ、二本足族には交通手段が厳しくてね…。毎年行こうかと思いつつ、日曜の夜、1時間以上歩くのかぁと思って断念する。

 そんな中、宇根の春祭りのことを思い出す。
 ちょっと調べてみたら駅から15分ぐらいで行けることが分かり、急にそそられる。一方、花火はしょぼいという人からの情報も思い出してきた。

 たとえ花火はしょぼくとも、歩いて苦でないところで春の祭りが行われるのであれば、行ってみてもいいかなって2日前から急に思いだした。
 ということで日曜日の午後出発!掃除も洗濯も済ませてからまったりと出発である。
 当初は普通電車で行こうと思ったが、乗換駅で30分もの待ち合わせ時間があることが分かり、最短距離のみの特急に切り替える。


続きを読む
1

2017/3/30  23:54

たらたらと(内容はありません)  雑事つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します
▲土曜日の横浜の桜。まだおねむさん

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(今回の写真は本文とは何の関係もありません)

 今年、大曲の花火は業者の入れ替えの年である。すでに発表されているのだが、何しろ地方のコミュニティラジオ局での発表だから、まだほとんどの人は知らないだろう。
 まぁ、そのうち明らかになるから、楽しみに待っててね。

 すなわち、今年の大曲は黙って座っていても、昨年とは異なる花火が見られるということだ(極言すぎ)

続きを読む
2

2017/3/28  21:33

今年も贅沢だぜ、海楽フェスタ  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲初弾の五重芯に、花火開始前に入港してきた「さんふらわあだいせつ」のライトの軌跡を合わせてみたw

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 昨年と同様、新コレの翌日に大洗で海楽フェスタの花火大会が並んだ。どうしよう、行こうかなぁ、でも足どうしようかなぁ…。と思っているうちに、新幹線で東京まで帰って、返す刀で大洗に行こう!ということになった。
 が、前日、急遽大曲から大洗まで相乗りさせていただくこととなり、今年も車での移動となる。

 ということで、あなた任せの大洗行き〜♪ それにしても大曲〜大洗は遠い…。
 【返す返すも、その節はありがとうございました m(_ _)m】



続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ