花火鑑賞士だったり、新潟清酒達人だったり、おおよそ仕事には関係ない部分で力を発揮しています。小千谷&新潟ネタもちょこちょこ…。 ※人の顔と名前を一致させるのがとても苦手です。先に謝っておきます「ごめんなさい」

2018/8/13  0:50

長岡花火2日目〜カラカラの河川敷で事件は起こった  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲前日と同じく中越高校応援花火の後、白菊が3発上がる

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 長岡花火は2日間開催である。なんでかは知らんが、とりあえず2日間とも見るのが私の流儀。片貝も2日間だしのぉ…。

 今日もまたもやカメラ席。当てた妹エライ! しかも前日と全く同一の場所。なんか、長岡に関してはこういうこと割と起こるのよね。席を2ヶ所別々に取っていたら隣だったとか。
 ちなみに妹は姓が異なるし、住所も全然異なるので文字情報だけでは関係があるなんて思われないはずなんですけどね。

 農家さんから冷やしトマトを買って、サービスのスイカをかっくらい、今日こそいい風をと願う日暮れ時。

 ファンファーレが鳴って、打ち上げ開始でございます!!
続きを読む
4

2018/8/13  0:06

長岡花火1日目〜風は気まぐれだから…  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲白菊から始まるかと思ったら、中越高校甲子園出場応援花火から(1回戦敗退しちゃったけど…)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 さて、夏の花火は何はなくても長岡花火。生まれ故郷のお隣の市の花火だけど、なんだかんだと長年見ている。

 今年もチケット争奪戦に勝利をし、2日ともカメラマン席を確保。人によってはこの場所はちょっと…という方もいるが、大昔の無料席の時代からこの辺りで撮影していた自分としては、ここが一番楽なのである。
 ここでほぼ独力で花火撮影覚えた場所だし…(フィルム時代ですから、3年ぐらいまともなの撮れませんでした)。


 仕事がちょっとアレだったけれど、強引に休みをもぎ取り無事に長岡右岸に。

 西の空に赤みが差すころ、ファンファーレが鳴り響く。

 もともと長岡復興祭として今のスタイルになった長岡花火。冒頭は追悼の白菊と相場が決まっているのだけれど、今年は中越高校が夏の甲子園県代表となったことで、その応援スターマインが先行する。
 まだ青い空に上がる花火は若々しさを感じさせるものだった。

 そして白菊が上がり、大手大橋に火が走る。

続きを読む
1

2018/8/6  1:56

★譲渡先確定しました★大曲のC桟敷1マスお譲りします  花火

★★★大曲の花火 C桟敷席 1マスお譲りします(定価)★★★

開催日:8月25日(土)
会 場:秋田県大仙市雄物川河川敷(最寄り駅:大曲駅)

 大曲の花火の桟敷席1マスリリースします。御入用の方は拍手コメントにて連絡ください(ブログ主しか見られません)

 種類:C桟敷 斜面席 おおよその場所は以下の通り
     ●アップル階段の左側(打ち場に向かって左側)のブロック
     ●中段
      花火は、全体に左前に上がる感じになります
      尺玉がよく見えるエリアです。
      意外と昼花火も見やすいです
     ●1桟敷=5名分となります
      ※バラ売りも応相談ですが、
       まとめてご希望の方優先とさせていただきます
 
 
 2016年に同じエリアで観覧していますので、その時の見え方を下記にてご確認ください。

クリックすると元のサイズで表示します
昼花火

クリックすると元のサイズで表示します
尺玉

クリックすると元のサイズで表示します
創造花火

クリックすると元のサイズで表示します
大会提供

クリックすると元のサイズで表示します
フィナーレ
1

2018/8/2  1:39

台風1勝1敗でおいでん  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲ナイアガラ花火は、フィナーレだったりするw

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 7月最終週末は、まさに花火ハイシーズン! 東京の隅田川の花火しかり、全国あちこちで花火が上がる、上がりまくる。
 もう体力的にあまり連戦をしないことにしている私も、この週末だけは桑名水郷花火(三重県)→豊田おいでんまつり(愛知県)と中京圏を連戦する計画を組んでいた。
 ところがこの花火大賑わいに魅かれたのか、南の海からやってきた台風12号(ジョンダリ君)がすべてをひっかき回した。

 何を血迷ったか、東京方面に突っ込んできた。
 あわてる関係者は調整に回り、立川の花火は中止となり、隅田川の花火は順延となった。コトはそれだけでは済まず、日本列島沿いに西進するというルート選択をするジョンダリ君。ルート近くの静岡の花火も軒並み順延・中止を表明した。そしてその行先は中京圏も…。

 進路予報図を見るに桑名はヤバイだろうと思い、金曜日にホテルと新幹線をキャンセルする。キャンセル後、予定日の開催はないという情報が追いかけてきた。日曜のおいでん1本に絞り込んだ判断は一応正しい雰囲気に…。

 なお花火仲間の中には、そこが中止となるのなら、もっと西に行けばいいのでは…と車や新幹線で西に向かう猛者もいた。ただ、先般の水害地域と重なることもあり、中止のハードルが低かったり、また強風が吹いたりと、ターゲットが続々と中止や延期という感じで、結局尾道に帰結したらしい。ジョンダリ君活躍し過ぎである。

 ということで、土曜日は自宅で台風を迎え、勢い余って激しい雨の中ベランダをデッキブラシで磨き上げ、翌日曜日に新幹線で名古屋へ向かう。

 道中は時々雨が降ったり晴れたりと不安定な天気模様。
 当日の花火開催の判断は昼12時ということで、見切り発車であった。そして車内で開催の報を聞く\(^o^)/
 名古屋駅前のホテルにチェックインし、そこから豊田へ。翌月曜日は名古屋からの新幹線ダイレクト出社のための名古屋泊である。

 おいでんは実は5年ぶり。今年は50回という記念大会なので、参戦した次第である。
 5年ぶりの豊田の駅前はすっかり変わっており、びっくりした。駅前の建造物が軒並み建て替わっていた感である。さすがトヨタの企業城下町ということか。
 とはいえ、駅からまっすぐ行けば花火会場なので、スムーズに現地入り。顔見知りとあいさつを交わし、スタンバイ。


 時折パラパラと雨が落ちては虹が生まれる。天気サイトなどで見ると、どうやら雲の通り道になっている模様。しかも向かい風気味…。とはいえ、久々のおいでんであるからして、ド正面で仁王立ちである。
 豊田大橋を挟んだ打上現場は見えないけれど、川が流れている。その向こうに豊田体育館が見える。手前の木々の向こうから花火が打ち上がる形だ。

 そういえばこの豊田大橋の向こうには渡ったことが無いな…。

 そしてまだ明るさ残るうちから、打ち上げ開始でございます!!

続きを読む
2

2018/7/27  23:57

鎌倉の海に幻想は消えて  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲初弾で撃沈したでござるよ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 たまむらの傷がくっつき、足の痣もブラックホール→バラ星雲→ヒアデス星団ぐらいになり、気が付けば、あれ、仕事順調!?ってことで、火曜日の午後職場を脱出! 湘南新宿ライン1本で鎌倉の駅に降り立った16時過ぎ。
 駅前はちょっと早い浴衣の品評会のようで、その人波にもまれて材木座海岸に到着する。

 ここ2・3年撮っていた場所には先客がいたため、少し下がったところに三脚をセットする。
すると、そこには見知った顔が…。

 皆さ〜ん、会社どーしたんですか〜? どーしたんですか〜? どうしたんだよ!? (こだま化)


 暑さは継続しているが、海からの風は心地よく、沖に浮かぶ台船を見ながら空がペールオレンジに染まっていくさまを見る。

 この鎌倉花火大会は、あんまり混雑しすぎると警備とかが追い付かないということで、毎年平日に行われる。とはいえ、お子さまもお嬢様もお姉さまも学校は夏休みなため、みな浴衣を着てここに集まる。しかも、今回は70回記念大会である。
 弧を描く海岸線の中央部は大混雑だが、この材木座の辺りも結構人が集まる。浜に引き上げられている地元の人の船に「勝手に乗り込む」人がいるとかいろんなことはあるが(その船の舳先の下にも人がいて、揺れて危ないんだよ)、許容のラインのギリギリのバランス感だな、今のところ。

 ペールブルーの空にかすかに本部からのアナウンスが聞こえ、打ち上げ開始でございます!

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ