2017/3/26

エゾモモンガ  オホーツクの仲間たち

相変わらず最低気温は氷点下だし
ときおり雪もちらつくけれど
北国にもようやく春が近づいてきたよう。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやらエゾモモンガたちも
恋の季節を迎えているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

普段は夜行性のこの方たちも

クリックすると元のサイズで表示します

この時期だけは朝夕と
シャッターチャンスを与えてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

木々の花芽や種子が好物で

クリックすると元のサイズで表示します

とりわけ白樺の実にご執心?!

クリックすると元のサイズで表示します

動き始めるとすばしっこくて
とてもカメラで追い切れないが、
滑空の様子を眺めるのも楽しい。


2015/12/19

善き羊飼いの教会  ニュージーランド2015.11

テカポ湖畔に建つ

クリックすると元のサイズで表示します


小さな教会と

クリックすると元のサイズで表示します


雄大なサザンアルプス

クリックすると元のサイズで表示します


湖畔に咲き乱れるルピナスの花

クリックすると元のサイズで表示します


「善き羊飼いの教会」は

クリックすると元のサイズで表示します

ニュージーランドを代表する絵はがきスポットでもあるようだ。


クリックすると元のサイズで表示します

とはいえ、ルピナスはニュージーランドでも外来種。
観光客は喜ぶが
どこにでも蔓延ってどんどん増える迷惑なヤツであることは
北海道と同様の様だった……。




2015/12/15


後ろ髪引かれながら
アオラキ/マウントクック国立公園を後にした直後

クリックすると元のサイズで表示します

目の前に現れたのはプカキ湖。

クリックすると元のサイズで表示します

タスマン氷河やフッカー氷河を経て流れ着く湖水は
氷河を細かく砕いた岩粉「氷河粉」が含まれているために
独特な青色をしているのだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

あいにくの空模様ではあったけれど
時折日のさす湖面に浮かび上がる青が
幻想的な雰囲気をかもしだしていた。




2015/12/14

プタンギタンギ/パラダイスダック  ニュージーランド2015.11

アオラキ/マウントクック国立公園の
キャンプ場の水場で
なにやらモフモフとしたものを発見?!

クリックすると元のサイズで表示します


なんとニュージーランド固有種のカモ
パラダイスダック(マオリ語でプタンギタンギ)の子どもたち。
そしてこちら ↓が お父さん。

クリックすると元のサイズで表示します


こちら↓はお母さんと子どもたち。

クリックすると元のサイズで表示します


生涯パートナーを変えない
一夫一妻制のご夫婦だそうで

クリックすると元のサイズで表示します

どちらかというとお父さんの方が
子育てに熱心だそうですよ?!

(写真はクリックすると少し大きくなります。)


2015/12/13

マウントクックビジターセンター  ニュージーランド2015.11

ニュージーランドの国立公園内には
ビジターセンター(DOC)が設けられていて、
たくさんの情報が展示されているのだそう。

クリックすると元のサイズで表示します

今回私が覗いてみたのは
“アオラキ・マウントクック国立公園”の
ビジターセンター。

クリックすると元のサイズで表示します

ハミテージホテルから歩いて3分ほどのところにありました。
もちろんセンターからもマウントクックがのぞめます。


クリックすると元のサイズで表示します

地形の模型や、登山情報、お天気情報などのほか、
自然に関するガイドブックや
DOCのロゴ入りのお土産などを販売する売店も。

中庭にはこのあたりで見ることのできる
特徴ある植物が名札付きで所狭しと植えられていて
トレッキングの予習復習にもぴったり。

クリックすると元のサイズで表示します

かもめが行った11月のこの時期は日が長く
20時頃まで明るかったのですが
ビジターセンターは17時には閉まってしまうので
注意が必要です。






AutoPage最新お知らせ