2006年4月にレンズ付きのコンパクトデジカメを購入しました。
コンパクトデジカメで勉強したことを忘れないように記録として書いていってます。
デジカメ暦6年になりました。ただ今過去の記事を編集中です。
デジタルカメラの世界  基礎編


ようこそ! おこしやすぅ〜〜♪

コンパクトデジカメで勉強したことを記録として書いていってます。
自分の記録のために書いていますが、素人が書いていますので、もし間違っていたり、ここはこうゆう風に撮ったほうがいいですよ。と、アドバイスをいただければうれしいです(^o^)/

基礎編

1カメラデータ

2カメラの設定

3写真のタイトル

4写真の設定

5写真の構図

6カメラアングル

7被写界深度

8背景のぼかし方

9黒背景の撮り方

10センターフォーカス

11パンフォーカス

12オートフォーカス

13マニュアルフォーカス

14露出とシャッター速度

15露出補正

16置きピンと流し撮り

17風景+人物

18定点観測

19デジタルズーム

20望遠とズーム

21望遠と広角レンズ

22ソフトフォーカス

23フィルター

24ISO感度

25レリーズとバルブ

26ピンボケと手ぶれ

27プログラムオート

28マクロ撮影

29料理モード

30夜景撮影

31カラーエフェクト

32日中シンクロ

33露光間ズーム

34逆光と順光

35印刷に必要な画素数

36これからの課題



撮影日記

1花の撮り方

2波の撮り方

3夕景の撮り方

4新緑の撮り方

5花火

6紅葉は逆光で

7車窓から

8十五夜お月様

9光と影

10遠景を撮る

11こもれび

12イルミネーション

13蛍を撮る

14しだれ梅や桜を撮る

15背景をぼかして

16背景をぼかして2


撮影日記・花

1赤の撮り方

2紫陽花

3

4バラ

5ユスラウメ

6

7

8


画像修正

1レベル補正

2トリミング

3セピア色に

4モノクロに

5傾きを修正

6写真の一部を消すには

7切り貼りで修正

8ページカール

9ピンボケ写真を直す

10白い空を青空に

11色かぶりを取る

12ペイントでモザイク加工



カメラは
 ※ PanasonicのLumix DMC-FZ7 600万画素
 ※ CASIO QV-R61 600万画素
 ※ Nikon D5100  1620万画素



※ これまではTeacupの別のブログで載せていましたが、ブログのテーマとあわなくなったのでここにコピペと編集をしなおして載せていってます。

※ 2011年11月に念願のデジタル一眼レフを購入しました。 
  まだまだ慣れない一眼レフだけど。。。頑張ります!


   コンデジとイチデジの違いは。。。
     【表現法を撮るならイチデジ】
     【手前から奥までキッチリと綺麗に撮るならコンデジ】
0

ペイントでモザイク加工  画像修正

テレビや雑誌でプライバシー保護の為、モザイクがかかっているので、どうすればできるんだろう?と思ってネットで検索してみました。
わかりやすい簡単な方法がありました。
こちらを見て私もやってみました。


人が写っている写真を使うわけにはいかないので、コスモスでやってみました。
真ん中のシベにモザイクを。。。

出来上がり画像です。
クリックすると元のサイズで表示します


                      

 

@ ペイントを起動させます。
  画面左下のWindowsのマークをクリックして「すべてのプログラム」→「アクセサリー」→「ペイント」

A ペイントの画面が開いたら、左上の「貼り付け」の▼をクリックして「ファイルから貼り付け」をクリック。
  画像の外側白い部分でクリックすると画像の周りの点線は消えます。

クリックすると元のサイズで表示します



B モザイクにしたい場所をマウスをクリックを押したまま、点線で囲みます。
 囲んだらマウスから手を離してOK。
クリックすると元のサイズで表示します



C 点線部の右下にマウスを持っていくと斜め左上を向いた矢印が出てきます。これを左クリックしたまま、点線で囲んだ左上にもっていきます。
クリックすると元のサイズで表示します



D 小さくなった画像の右下部分の矢印を左クリックしたまま、元の場所まで戻す。(白い部分を埋めるように。。。)

クリックすると元のサイズで表示します



E 出来上がりです。
  点線の外側で左クリックをすると点線部分は消えます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

色かぶりを取る  画像修正

色かぶりとは
  周りの光源に影響されて被写体そのものの色が失われること。

これは目に見える可視光線だけじゃなく、目に見えない色。(例えば紫外線や赤外線など)
そのほかに、カメラ自体のWB決定の不具合もあります。


以前撮った白のツツジが淡いブルーに変色してしまって。。。
ネッ友に聞いたら色かぶりとゆうそうです。これを防ぐ方法はないけど、撮る方法はあるそうです。(色温度の設定やマニュアルWBなどで)

あまりこだわらないほうがいいと思いますよ。といわれたけど。。。こだわってしまいます。


昨日何気なく息子が持っているフォトショップの本を見ていたら色かぶりを取る方法が載っていました。 んで、さっそくやってみました〜♪


元画像
クリックすると元のサイズで表示します



色調補正→トーンカーブをクリック!
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


真ん中をちょっと持ち上げました。
クリックすると元のサイズで表示します


するとどうでしょう〜 白いツツジが蘇ってきましたあ〜♪
クリックすると元のサイズで表示します
0

白い空を青空に。。。  画像修正

先日撮った賀茂川の風景写真の何枚かが空が白く写っていました。
これは露出があっていないためだと思います。

PLフィルターをつけて撮ると空が青く撮れるみたいなんだけど。。。あいにくと持っていないので。。。

息子が持っているフォトショップの本をパラパラとめくっていたら。。。
[選択範囲内へペースト]が目にとまって。。。これだわ!と。。。 さっそくやってみました〜♪
出来上がった画像です。

クリックすると元のサイズで表示します






元画像
クリックすると元のサイズで表示します


この空を使いました。
クリックすると元のサイズで表示します


クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー


@ 画像をコピーします。

[ctrl+A]ですべてを選択、[ctrl+C]でコピー。

クリックすると元のサイズで表示します


A 画像をペーストしたい領域を選択する

↑のコピーした画像をペーストしたい領域を「自動選択ツール」で選択範囲を作成

クリックすると元のサイズで表示します



左下の薄い山も選択したいので、shiftキーをクリックしながら「自動選択ツール」をクリックする
クリックすると元のサイズで表示します



自動選択ツールはここです。
クリックすると元のサイズで表示します


B 画像をペーストする

[編集]→[選択範囲内へペースト]をクリック
選択範囲内に画像がペーストされました。
クリックすると元のサイズで表示します


ペーストされた画像は移動ができるので、「移動ツール」でドラックして位置を調整する
クリックすると元のサイズで表示します
0

写真のピンボケを直す  画像修正

大型スーパーでショーケースに飾られたバレンタインチョコを携帯で撮りました。 
ガラス越しだったので、ちょっとピンぼけに。。。
また撮り直しに行こう行こうと思いつつ。。。なかなか行けないので、諦めていました。
それが。。。手持ちのデジカメ写真の本を何気なく見ていたら。。。
ピンぼけを直す方法が書いてありました。



元画像です。
クリックすると元のサイズで表示します


                              

【フィルター】→『シャープ』→「シャープ」をクリックする。
2回「シャープ」をクリックしたら綺麗に。。。お〜〜とめっちゃ感動しました。
3回したらノイズがきつくって2回するのがいいでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します



※ どこかにピントがしっかり合っている場合やピンぼけがひどい場合はピンぼけが直らないそうです。
0




AutoPage最新お知らせ