座間かにが沢公園の曼珠沙華満開  国内 公園・庭園

座間市緑ヶ丘に位置する「かにが沢公園」にも秋の訪れを告げる花「曼珠沙華」(彼岸花)が咲き始めた。すっかり秋めき涼しくなり公園西側の斜面約350uの敷地一帯を赤や白、ピンクの7万本の曼珠沙華が美しく彩り始めた。三色同時に鑑賞できるのはここ「かにが沢公園」だけである。曼珠沙華は天上の花という意味らしいが、仏教の経典では「おめでたいことが起こる兆しに、赤い花が天から 降ってくるという。まっすぐ伸びた茎の先端に鮮やかな線状の花を咲かせる曼珠沙華はやはり秋を代表する花である。23日は「観賞のつどい」が開催される。これから「かにが沢公園」は赤い曼珠沙華に彩られる美しい季節を迎える。(1409)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

相模原麻溝公園 クレマチスフェア 2013  国内 花

ここ数日の暖かさで早咲き種類は花びらを落としているものもあるが一気に開花が進み、今日開催される「クレマチスフェア ’13」を前に遅咲きのクレマチスたちが美しく咲き揃いスタンバイ中である。一つ一つそれぞれに美しく可憐で多彩な色彩、花姿をもって人を虜にし魅了するクレマチスの「美の競演」。(1305)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

恩田川の桜 開花 2013  国内 花

町田市成瀬を流れる恩田川の桜(ソメイヨシノ)が二週間も早く開花した。2キロにわたって400本の桜並木が続くがまだ3〜4分咲きくらいだろうか。三月一気に気温が上昇、桜は春を最も早く察知する植物、今週末には薄紅色の桜回廊がみられるだろう。待ち遠しい限りだ。(1303)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

第117回 水戸の梅まつり 2013  国内 祭り

第117回 水戸の梅まつり」が3月31日(日)まで開催されている。会場のひとつ日本三名園の一つ「偕楽園」(天保13年(1842)水戸藩徳川斉昭公造園)には約13haの園内には休憩所の「好文亭」そして100種3000本の梅が植えられた「梅林」がある。今年は寒さが続いているため数える本数の開花である。園内は大勢の観梅客で賑っていたが、梅の大使」の女性とゆるキャラの「みとちゃん」に人気が集まっていた。来週末あたりが見ごろかも知れない。(1303)
クリックすると元のサイズで表示します
[好文亭]
クリックすると元のサイズで表示します
[早咲きの紅梅は満開?]
クリックすると元のサイズで表示します
[白梅クローズアップ]
クリックすると元のサイズで表示します
[紅梅クローズアップ]
クリックすると元のサイズで表示します
[ゆるきゃらのみとちゃんと梅の大使]
0

第15回 まつだ桜まつり 開花状況  国内 祭り

今年は雪も多く寒さが続く中、17度と少しだけ春を感じさせる陽気となった今日、「まつだ桜まつり」(2/9〜3/24迄)が開催されている会場の松田山、松田山ハーブガーデンへ。伊豆から移植したという260本の河津桜、今年の寒さに開花が遅れているのかまだ十数輪程度でまだ1〜2分といった開花状況で、全体的には蕾状態で河津桜も春を待っているようである。まもなく満開となる河津桜と黄色の菜の花、雪化粧した富士山、その美しいコントラストを撮りたいものである。待ち遠しいが間違いなく百花繚乱の春はもうそこまで来ているようである。(1303)
[可愛らしいのが一輪]
クリックすると元のサイズで表示します
[こちらは二輪]
クリックすると元のサイズで表示します
[そして三輪]
クリックすると元のサイズで表示します
[桜に色を添える菜の花]
クリックすると元のサイズで表示します
[微かに顔をのぞかせる名峰富士山]
クリックすると元のサイズで表示します
0

九十九里浜のSunrise  国内 山・海

房総半島東岸にある太平洋に面している66Kmの海岸「九十九里浜」は日本の原風景といわれ日本の白砂青松&渚百選にも指定されている。海原からの朝の象徴「日の出」は人を魅了する神秘的な美しさで上っていく。(1302)
クリックすると元のサイズで表示します
[待ちに待った日の出 6時15分]
クリックすると元のサイズで表示します
[次第に赤く染まっていく]
クリックすると元のサイズで表示します
[クローズアップの瞬間]
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
[今日という有限の一日が始まる]
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013 かつうらビックひな祭り  国内 祭り

千葉勝浦では今月22日から来月3日まで「かつうらビックひな祭り」が開催されている。徳島県勝浦町から7000体のひな人形を里子として譲り受け飾り始めたのが始まりのようである。メイン会場をはじめ市内各所の店内や路地に25000体の人形が展示され町中がひな人形一色となっている。遠見岬神社には神社石段60段に1200体、覚翁寺山門前には600体、市立図書館には御殿雛とつるし飾り、墨名交差点には800体、旧行川小学校には日本最大の享保雛が展示されている。平安時代「ひいなあそび」を起源とするひな祭りは女の子の健やかな成長を祝う節句行事であるが、これだけ大々的な祭りとなると壮観である。(1302)
遠見岬神社
クリックすると元のサイズで表示します
覚翁寺山門前
クリックすると元のサイズで表示します
墨名交差点前
クリックすると元のサイズで表示します
旧行川小学校 こちらには等身大のひな人形が展示
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

英国の旅 その1  海外 イギリス

オリンピックが開催された「イギリス」、そこは長い歴史と由緒正しい伝統と自然に新しさ最先端が交差し共存する。今回の旅はローマ時代からの城塞都市「チェスター」から始まった。「ザ・クロス」といわれる四方に交差する通りには白壁と黒の格子が洒落た「ザ・ロウズ」商店街が建ち並ぶ美しい町である。その一角にある石造りの重厚感が漂う「チェスター大聖堂」。3日目は英国文学の「嵐が丘」の舞台となった「ハワース」。パリッシュ教会と墓地の近くには「ブロンテ姉妹の博物館」があった。ハワースを後にして「湖水地方」にあるイングランド最大のウィンダミア湖をの湖面と紅葉を眺めながらの優雅な遊覧。4日目は貿易の中心地/港湾都市の「リバプール」へ。イギリス最大の英国教会の「リバプール大聖堂」、ビートルズの発祥の地、中でも音楽活動の拠点&原点でもある場所「The CAVERN CLUB」に立ち寄る。今にも彼らの歌声が聞こえてきそうな雰囲気である。「トレヴァー」はは英国で最も長く、30Mと最も高い世界遺産の建造物「ポントカサルテの水道橋と運河」がある。橋には運河と並行して遊歩道があり対岸まで歩くとそこに広がる紅葉のグラデーションと言い、川の白い流れといいその景色はまるで絵葉書のような幻想的な美しさである。ウィンダミア湖の遊覧では対岸の紅葉と別荘に魅せられる。「ストークオントレント」にある世界的に知られるあの陶器メ1ーカーの「ザ・ウエッジウッド社」でアフタヌーンティーを楽しんだ後工場内を見学する。(1210)
[チェスター]
クリックすると元のサイズで表示します
[ハワース]
クリックすると元のサイズで表示します
[リバプール]
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
[ポントカサルテの水道橋と運河]
クリックすると元のサイズで表示します
[ウィンダミア湖]
クリックすると元のサイズで表示します
[ストークオントレント]
クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ