Main | 410-3 »
410エンジン  

フィーリングから入手した鋳造不良のジャンクパーツや、あまりもののパーツからできています。
不足しているパーツは、自製作です。
今回は、上部燃料パイプとスロットルリンケージを作りこんでみました。
リンケージは全て金属パーツで、半田づけで組みあがっています。
可動するように製作した後、取り付け時に調整して固定してあります。
このエンジン、100個以上のパーツからできています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ