羽衣ジャスミン  花折々


 おはよう 曇りです 

クリックすると元のサイズで表示します

羽衣ジャスミンです
木犀(もくせい)科素馨(そけい)属の植物
命名者はこの白い花に天女の羽衣を見たのだろうか
素馨属は世界各地に300種ほどが存在していると言います
アジアからアフリカの熱帯あるいは亜熱帯地方が原産とされています
それがアチコチに広がって行った・・・・
漢名は茉莉(まつり、まり)で、わが国には中国を通して伝わったらしい
和名では茉莉花(まつりか、まりか)なのだが、現代ではジャスミンの一種類(ジャスミン茶に使用されている種)を指す言葉となっている
私的な分類で恐れ入るが、お茶に使われるものは茉莉花、香水などに使われるものを素馨とするのはいかがなもんだろうか
花自体はスッキリ綺麗です
香りも良い
和名は素馨、茉莉花 
素馨は中国の美人の名だそうです
どんなに美人だったのか気になるところだか、中国四大美女にも含まれては居ない
五大美女には入っていたのかな
中国美女と云うとまず楊貴妃の名が上がるが、わたしの思う処では一番は西施(せいし)
それから王昭君(おうしょうくん)、貂嬋(ちょうせん)と続き、楊貴妃は四番目
メダル外、たいしたことはないのである
勝手な思い込みなのでご意見無用!!
この花の周りには甘い香りが漂っていますね
なんでも、インドでは、恋人にこの花を貰った若い女性は、髪の毛に編みこみ、愛の証しとするそうな
そこはかとなく香るのならともかく、かなり強烈だよね
インド女性は体臭がキツイのだろうか
確かめたい気もするが、今となっては根気も出ない
でもなんとなくインド女性にはピッタリする話
モクセイ科ソケイ属







0




AutoPage最新お知らせ