バラ(パパメイアン)  花折々


 おはよう 曇りです 

クリックすると元のサイズで表示します

バラです
五月はバラの季節ですからね
この辺りでバラ物語などひとつ・・・
フランスのバラ作成者アラン・メイアンさんが祖父のアントワーヌ・メイアンさんに奉げ、その名を冠したバラです
祖父のアントワーヌ・メイアンさんはピース種のバラを作ったことで有名です
アランさんはそんなアントワーヌさんを尊敬していたのでしょう
自分でバラを作るようになった時にいつかは祖父の名を・・・と考えていたと言います
そしていつか祖父を超えると・・・
はたしてアランさんは祖父アントワーヌさんを超えられたのでしょうか

パパ・メイアン(Papa Meilland)黒薔薇系
四季咲き ハイブリッドティ系 1963年発表
花が開くにしたがって深い黒赤色に変化してゆきます
黒バラとして一世を風靡しました
香りが強く、味わい深いものです

1988年にオーストラリアのシドニーで行われた世界ばら会連合の第8回大会で「ばらの栄誉殿堂入りの品種」に選ばれました
ばらの栄誉殿堂入りとは、世界ばら会連合の世界大会で三年に一度選ばれる大変に名誉ある賞なのです
祖父のアントワーヌさんも{ピース」でこの賞を受けており、受賞が決まった時にアランさん思わず「じっちゃぁん〜〜」と叫んだとか・・ウソウソ(ルパン三世かおまえは・・)
世界のどの地方でも、どんな環境でも育てやすいと言われています
それよりなにより今も愛されているのです







0




AutoPage最新お知らせ