梅花空木(ばいかうつぎ)  花折々


 おはよう 晴れです 

クリックすると元のサイズで表示します

梅花空木(ばいかうつぎ)です
ちょうど今の時期に、純白で清楚な感じのする花を咲かせます
名前には空木と付いて居ますが、あじさい科に分類されています
以前はゆきのした科の分類でした 
ちなみに空木は「ゆきのした科」なので、そんなことからなのかな
茶花や生け花などにも使われるそうですが、使われるのは日本原産種だろう
花は一重で清楚な感じが好きです
薩摩空木(さつまうつぎ)の別名があるところを見ると、鹿児島辺りの花なのかもしれない
ヨーロッパで改良された西洋梅花空木には、かなりの芳香があり、こちらは茶花としてはいかがなものか
茶室の一輪挿しくらいならそれほどではないのかな
梅の花に似ているところから梅花の名が付いたと聞いているが、梅と比較すればこちらの方が断然綺麗です
花も梅よりはかなり大きいしね
第一花弁が4枚から6枚あるものもある
現在、広く栽培されているものは芳香が強い「ベル・エトワール」などの洋品種群が多いようです
この花の仲間は、日本の他、ヨーロッパ、北米、メキシコ、中国などに、広く分布しています
品種などを含めると、凡そ70種以上の種類があるらしいのです
処変われば花変わると言ったところでしょうか
西洋梅花空木には八重咲きやピンクのものもあるらしいのです
わたしはまだ見たことがありませんけど・・・・
花言葉は「気品、品格」とまるでわたしのよう
犬は飼い主に似てくるといいますが、花もそうなのか
あじさい科ばいかうつぎ属







0




AutoPage最新お知らせ