石榴(ざくろ)  花折々


 おはよう 曇りです 

クリックすると元のサイズで表示します

石榴(ざくろ)です
ざくろ科ざくろ属の落葉樹 原産ははっきりしない アジア南西部あたりらしい
わが国へは11世紀頃中国から渡来したらしい(これもはっきりしない)
日本の名前は中国語の石榴(ジャクロ)の音読みであろうと思われています
『本草和名』では「安石榴、別名 塗林・若榴、和名 佐久呂」と記されています
宋代の詩人王安石の「石榴詩」に「万緑叢中紅一点 動人春色不須多」があり、石榴の木の繁った葉の中に赤い花が1つだけ咲いているのを見つけて、春の訪れを感じたと詠じ、紅一点という言葉はここから生まれたのだそうな
中国ではもっと早く咲くのかいな
また秋の実には種の多いことから食べると子孫繁栄になるとか・・・
ギリシャ神話ではペルセポネが食べたとして有名だし、かの鬼子母神の話も残っている
えっ 知らない?
それじゃあ鬼子母神の話をかいつまんで、書きましょう
仏教の説話なのでかなり長い話なのです
昔々大昔、鬼子母神には子供が千人もおったそうな
この千人を餓えさせないために、人間の子供をさらっては自分の子供たちに食べさせていたのだそうだ
人間たちは可愛い子供がさらわれるので、お釈迦様に相談したのだそうです
お釈迦様は一計を案じ、鬼子母神の子供を一人隠してしまったそうです
鬼子母神は半狂乱になって子供を捜し、どうしても見つからないので、これまたお釈迦様に相談したそうです
そこでお釈迦様は子供がさらわれれば悲しいのはお前も人間も同じなのだと諭(さと)しました
仏心に触れて改心した鬼子母神はもう子供はさらわないとお釈迦様に約束しました
お釈迦様は鬼子母神に子供を返し、食事にはザクロの実を与えるように言ったそうです
ザクロの実の味は人肉に似た味なんだそうです(だれが食べたんだろうね)
以来改心した鬼子母神は釈迦の教えを信じる人の守り神となったのだそうです
ザクロを食べると女性ホルモンが放出されて優しい気持ちになるそうですよ
女性の皆さん 石榴を食べましょう
そしてもっともっと優しくなってください
いずれにせよ石榴はかなり古くから存在したってことね
みそはぎ科ざくろ属







0




AutoPage最新お知らせ