アジュガ  花折々


 おはよう 晴れです 

クリックすると元のサイズで表示します

十二単(じゅうにひとえ)です
十二単と書きましたが正しくは西洋十二単(せいようじゅうにひとえ)
本物のと言うか和種の十二単は白花です(こちらが偽物って訳じゃないけどね)
アジュガは十二単の園芸種なのです
混同を避けるために学名の「アジュガ」を使いうのが普通ですので、こちらで呼ばせてもらいます
アジュガはキランソウ属の名称なので、そこから西洋金瘡小草(せいようきらんそう)の、
別名もあります(説明がくどいなぁ)
花が階段状に重なって咲くことを重ね着の十二単に見立てたものでしょう
なかなか趣きがある命名ですよね
もっとも十二単は実際には十二枚重ねて着る訳ではなくせいぜい五枚程度であったらしい
重ねて色違いを着ることでその透けて見える微妙な色合いを愛(め)でたそうだ
女性はこの透けて見えるのがスキだよね
ヴェールなんかその最たるもの
オトコを迷わせおって・・・ついつい目が泳いでしまう
迷うのは本能に起因するのだから仕方ない? うんうん確かに!!
オトコと言う物はそういうものです
なに? そうなればこっちのもの?
結局キツネとタヌキの化かし合いか
なにはともあれ、この色をお楽しみください







0




AutoPage最新お知らせ