泰山木(たいさんぼく)  花折々


 おはよう 晴れです 

クリックすると元のサイズで表示します

泰山木(たいさんぼく)です
ようやく咲き出しました
庭木の王様と呼ばれます
20センチを超す大輪の花を咲かせ、かなりの芳香があります
名前からして中国原産と思われがちだが、さにあらず
原産地は北アメリカ南部、バージニア州の州花なのでそのあたりかな
一般的にはマグノーリアとよばれます
和名は、樹形、花、葉などが大きくて立派なことから、山容の整った中国山東省の名山・泰山(たいざん)に例えられて命名されたと聞いている
かなりの大木になり、花は高いところで咲くのでまさに高嶺の花
近くで、覗き込むなどと言うまねはできません
散歩をしていて良い匂いがするなと思ったら大抵この花
見上げると頭上にこの花があります
香りが降ってくるのです
このくらいの開き方のときが一番美しい
明治初期に日本へ渡来だそうです
南北戦争で勇名を馳せたグラント将軍夫妻が明治12年に来日した折に、明治天皇とともに上野公園で植樹をしたらしいのです
この樹は、いまも健在なのだそうですが、どれがその樹なんだかわからない
このグラント将軍は、芝の増上寺でも松の木を植樹しており、山門を入った右手に「グラント松」と立て札に由来がある
庭に一本欲しい木のひとつなんだが、かなりの広さが必要
我が家では、二階のベランダから花が見られるように、頭を止め、横に広がるようにしています
この花の香りで、朝目覚めるのは望外の幸せですよ
もくれん科もくれん属







0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ