ハーデンベルギア  


おはよう
クリックすると元のサイズで表示します

ハーデンベルギアです
またまた温室に来てしまいました
この冬は寒い所為かどうも花付きが悪い
花屋サン、園芸店、温室を巡っています
和名は小町藤(こまちふじ)
藤に見えないことも無い
小町はおそらく小野小町からではないだろうか
和名で呼ぶ方はほとんど居ないけどね
ほとんどの方がハーデンベルギアと呼びます
この名はドイツのハーデンベルグ伯爵夫人の名にちなむのだそうです
オーストラリア産の花とマダム・ハーデンベルグとの関係の方が気になる
この方も絶世の美女であったのだろうか
ネットであちこち調べて見たんだが、詳しいことはなにも載っていない
夫のハーテンベルグ伯のほうは植物に関心の在った方らしく、時の王様を自分の庭園に招いたりしていたらしい
判ったのはここまで
夫人との関係はサッパリ判らん
妥当な推理をするなら、伯爵が愛する妻の名を付けたんじゃないかとも思えるのだが・・・
夫が妻を呼ぶのに普通は名前を呼ぶよね
マリアとかベルタとかさ
オーストラリア産の常緑つる性低木
花色は紫、青、ピンク、白色などあります
花言葉 過去の愛・奇跡的な再会・広き心・思いやり
これをつなぎ合わせれば、話の一つや二つは出来そうだ
まめ科ハーデンベルギア属


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ