日常のこと、見たTV番組のミーハーな感想とか?、
写真やカメラのこと、
好きなモータースポーツやミニカーとか、
気まぐれに書いていきたいと思います。
応援しているライコネンや、
注目している(応援?)ベッテルについても書こうかな。

2021/4/12

マスターズ優勝  

松山英樹選手
日本人初のマスターズ制覇おめでとうございます!

ほぼ毎年テレビ観戦していますが、
惜しいところまでいったことも何度もあるけど、その度に少し届かなかった。
たしか最終日を2位で迎えた時もありましたよね。
途中トップにたって優勝争いに絡んでも最後はズルズルっと届かなかった…。
いつかは日本人に勝ってほしいけど、彼でさえも届かないのかと無念でした。
実力以外で一時的にもてはやされる選手もいるけど、とにかくまっすぐ勝ちに挑み続ける松山選手に勝って欲しかった。

今年は初日に松山選手のプレイ終了時点ではトップで「おおお!今年は遂に良いスタート!」
でも数時間後にネットを見ると「あれ?2位になってる。ジャスティン・ローズ…なんじゃこのスコア(溜息)」
となっていて、2日目で6位に…(トップとの差は縮まってるけど)。
また離されていくのかなと心配でしたが、3日目は雷雨の中断が良かったんですね。
再開直後から、ミスを帳消しにするショットが続いて、遂にワクワクする展開が戻ってきました。
一気に4打差のトップで終了したので、見ているこっちがガッツポーズでした。

しかし最終日いきなり1打目から…(震え声)
ですが、今回は終始パットが安定していましたよね。
ボギーでも惜しいパーでもパットのタッチは今回終始良かった。
カップを覗くようなラインばかりで、常にパットが良かったのが今回の最大の武器だったのではないかと素人目には。

バーディーも続いてようやく5打か6打差になった時はやった!と思いましたが、
直後にまさかのグリーン奥の池ポチャ…
ヤバイと思いましたが、最後まで踏ん張ってくれましたね。

優勝が決まった直後に中嶋さんが号泣した時は、こちらも涙がとまらなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

3日目最終日と一緒に回ったシャウフェレ選手は、常に松山選手と良きライバルとして素晴らしい雰囲気で回って競ってくれていましたね。
途中2打差まで追い詰められたけれど、本当に怖い選手でもありました。

書きたいことが多すぎて全然まとまってませんが、とにかく松山選手おめでとうございます!
遂に日本人がマスターズで優勝。
毎年無念と思いながら、外国の選手が勝つ姿を見つめて楽しむしかありませんでしたが、これからは違った目で観戦できるかもしれません。
松山選手も今後はずっと出場できる権利があるので、今まで以上にコンディションを調整しやすくなるかもしれませんね。
次はまた違った勝ち方を見せてくれることにも期待したいと思います。





0

2021/3/1

無題  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ファイナルファンタジーZ
1

2021/2/14

久々の書き込み  日常やダイエット

1時間ちょっと前に、また東北で強い地震がありましたね。
10年前とは違って津波はないようで、その点だけはほっとしていますが。
ここを見ていただいていた方にも該当地域の方、何人もいらっしゃいますが、どうかお気を付けください。

0

2017/6/1

モナコGPとインディ500マイル  F1観戦(TVも込み)

先週は世界3大レースの2つ、
F1モナコGP
インディ500マイルレース
が行われましたね。

モナコGP、ライコネン惜しかった…×o×
2008年以来のポールという珍記録を作り、◎o◎
レースも珍しくスタートをばっちり決めて、^▽^
タイヤ交換時に順位が変わらなければ優勝も…*^_^*
という展開だっただけに非常に惜しい。
表彰台であんなに憮然としたライコネンは初めてだったように思います。´Д`
あれが全てを物語ってるな、と。
1戦前での号泣していた男の涙で、久々に火がついたかな?なんちゃって。


そしてインディ500!
まさかあの佐藤琢磨がやってくれるとは!◎o◎◎o◎
F1を去ってからは、全然見ていなかったのですが
このレースを日本人として初めて制覇するなんて!^v^
素晴らしい!!^▽^^v^

めでたいですね。
日本人ドライバーがインディ500制覇する日がくるなんて。

しかもあの佐藤琢磨がやってくれるとは^v^

1

2017/5/1

ミニチャンプス FW16 (ラスト)  ミニチュア

間があいてしまいましたが、
ミニチャンプスの1/43のFW16(オニクスのも)の詳細ページシリーズです。

5月1日になりましたか…。

アイルトン・セナがこの世を去ってからもう23年も経つんですね。
あの頃はF1への楽しみや、それだけでなく、もっともっと言葉で表せない程のショックも受けました…。

それでもF1を好きなまま、レーシングカートに乗る趣味もできて、ミニカーもずいぶん買うようになって今日に至ります。
まぁカートもミニカーも最近では頻度がかなり……ですが(苦笑)

さて、この最近発売されたミニチャンプスのレジン製・1/43サイズのFW16
とても良い出来映えでした。

色々な角度がから、昔発売されたダイキャスト製のミニチャンプスのや、オニクスのものも見比べながらガッツリ紹介しました。

最終となる今回、3回目はサイドポンツーン側面&後ろ側に着目です。
実車の写真もたっぷり交えて、このマニアックな部分、
そしてウィリアムズ(エイドリアン・ニューウェイ)が開拓したこの部分の空力、にガッツリ着目して楽しんでいただきたいと思います。


この文字をクリックして、詳細ページを開いてくださいね。

現在はまだロスマンズ Rothmans のタバコデカールを貼っていません。
タメオのキットのスペアデカールがあと1セットしか残っていないので、まだホイホイと使ってしまう判断ができなくて。
今後でるサンマリノ仕様やブラジル仕様も見てみたいですしね。
それにしても驚くのはこのスペアデカールは1994年か1995年に購入したものなんです。
つまり20年以上も経過しているのです。

ですがもっと後に購入した他社のデカールでも透明部分を筆頭に白い部分なども、日焼け等の劣化が色が褪せたり焼けたような色になっているものがあります(暗所保管しているにも関わらず)。

ですが、このカルトグラフ社製タメオキットのスペアデカールは全く劣化が見られません◎o◎◎o◎◎o◎◎o◎

これにはその質の高さにただただ驚くばかり。
今現在他社から売られているデカールには20年経っても劣化しないものがあるのか…。
そういう理由からも大事な大事な、スペアデカールなので、もっとじっくり使い道を決定してから貼りたいと思っています。
FW17やFW18用もまだ1セットは残っていたはず…。




後にホームページの方も更新したいと思います。
この連休中にハードディスクの入れ替えやクリーンインストールを行って、PCをリフレッシュしたいので、それよりは後になりますけれど^▽^

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ