御柳梅(ぎょりゅうばい)  花折々


 おはよう 曇り 

クリックすると元のサイズで表示します

御柳梅(ぎょりゅうばい)です
学名の Leptspermum scopariumから(レプトスペルマム)と呼ばれることもあります
原産地は豪州、ニュージーランド辺りで、約80種ほどが分布しているそうです
あっちはいま真夏だよ いいなあ  
こっちでは今頃花を咲かせるのだから耐寒性はかなりあるよね
花径1.5〜2センチのかわいい花が次々と咲いて春まで楽しめます
花は一重と八重があり、写真は八重咲きのもの
花色もこの赤とピンクと白があります
御柳梅の名は葉の形が御柳(ぎょりゅう)と言う植物に似ていて花が梅に似ているところからと言われています
また、おなじく針葉樹のネズに似ていることから「ネズモドキ」の別名もあります
英名はTea-treeで、なんでもこの葉でお茶を入れたからだとか
この花を国花にしているニュージーランドではManuka(マヌカ:マオリ語)と呼ばれます
この花から採れる蜂蜜が知る人ぞ知る『マヌカハニー』
特有の香りがする蜂蜜です ちょっと高過ぎるけどね
ふともも科ねずもどき属







0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ