スノーフレーク  


おはよう
クリックすると元のサイズで表示します

スノーフレークです
和名は大待雪草(おおまつゆきそう)なのですが、こう呼ばれることはまずない
英名 summer snowflake からスノーフレークと呼ばれています
スノーフレークとは雪の小さな塊のことです
あっちにチラリ、こっちにホラリとまるで残雪のように見えたのでしょうか
和名の方も、雪を待つ時期に咲く花ではないのだが・・・・
実は秋咲きもあるのですよ これなら納得?
別名 鈴蘭水仙(すずらんずいせん)
花がスズランに似ていて葉と球根がスイセンに似ているのでこう名付けられたそうです
原産は欧州、地中海地方とのこと
白い花弁の縁にある緑色のポイントが特徴的ですよね
小型のランプシェードみたいな花 こんなの欲しいね
日本には昭和になってから入ってきたとなっています
花言葉は 「汚れなき心」
宗教的な意味合いでもあるのか
ひがんばな科なので当然有毒植物です
植え替え時などにはゴム手袋着用のこと
前はユリ科でしたが、今はヒガンバナ科に分類されています
有毒なのにゆり科はなおよな

ついでなのでここでちょっと植物分類の話をしておきましょう
前は1980年代にアーサー・クロンキスト(Arthur Cronquist)により提唱されたクロンキスト体系が使われていました
今は1990年代に登場したDNA解析による分子系統学のAPG植物分類体系やクロンキスト以前に使われていたエングラー体系を改良した新エングラー体系などが使われています
簡単に言ってしまえば、スノーフレークがユリ科になっていたら古い分類
ヒガンバナ科になっていたら最新版・・・くらいに理解してくだされば結構です


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ