花火鑑賞士だったり、新潟清酒達人だったり、おおよそ仕事には関係ない部分で力を発揮しています。小千谷&新潟ネタもちょこちょこ…。 ※人の顔と名前を一致させるのがとても苦手です。先に謝っておきます「ごめんなさい」

2019/3/9  0:33

3年の時が過ぎて…妻有雪花火  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲花火が始まる少し前、大地の芸術祭作品でもある「光の花畑」がその魅力を最も見せる時

 一昨年、昨年に続き、今年もベルナティオは押さえていた。ただ、価格上昇に付き、さすがにお財布大穴が空いた状態につき、リリース。実家からの参戦とした。

 朝、実家で目を覚ましたら信濃川から霧が湧いていた。春の訪れを告げる風物詩である。実家は信濃川から3段上にあるので(小千谷は河岸段丘の町である)、霧は晴れつつあった。
 荷物を持って駅に向かい、飯山線に接続する上越線に乗る。信濃川と並行して走る上越線はトンネルを抜けて、牛ヶ島あたりに出ると、そこは霧の海であった。あまりの霧の濃さに、電車が徐行するほどの一面のミルク色。次のトンネルと抜けると霧はほぼ晴れていた。
 越後川口で飯山線に乗り換える。
 魚野川を渡り、再び信濃川に沿って走る2両編成のディーゼル列車。やがて、この列車も霧に包まれ、やがて晴れて行った。
 飯山線には「大地の芸術祭」の作品が置かれている駅がいくつかあり、下条でその作品を見かける。地元の人がちゃんと雪囲いしている。大地の芸術祭らしい風景だ。
 それにしても十日町をしてこの積雪とは、今年の雪の少なさを思い知らされた感。

 終点の十日町で電車を降り、駅の観光案内書で雪花火のチケットを購入し、約90分待機。
 11時に早発のシャトルバス1号がやってきて出発。

 バスが山道に入ると、一気に景色が変わった。明らかに積雪量が倍加。真っ白い雪原に春の訪れを告げる雪崩跡が茶色のツメを立て、ウサギやキツネの足跡がうっすら残る。
 やがて、バスは当間高原ベルナティオに到着。

 日中のイベントである音楽イベント「豪雪ジャム」の入場時間12時に合わせ、夜の花火待ちも入場開始。なお、途中の屋台エリアまでである。ここで、16時の本開場まで待機。

 早速、屋台村で昼めし調達。もちろん、目的は超旨い「いなか雑煮」一択
 妻有というくくりであるが、ここも魚沼である。具だくさんの雑煮の「子」(=雑煮の汁と具)に、超絶旨い厚い餅が1個ドーンと入っているのである。売店のおじちゃんも絶賛自慢の餅である。
 なお、準備に少し時間がかかるため、食前酒をいただく。妻有ビールめでたしゴールデンエール。フルーティフレーバーが好きなのでこのかすかなオレンジ臭は好み。さらにつまみとして売っていた「おつまめ」が絶品。
 そうこうしているうちに餅の準備も整ったので、雑煮も食らう。
 
 夜にはここ、長蛇の列となるので、ここのグルメを楽しむのなら、結構早く来ることをおすすめする。
続きを読む
0

2019/2/9  0:47

鬼はー外!花火も〜外れる  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲富士山の見える位置はばっちりでしたが…(左、左端を目を凝らして!!)。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 箱根、一昨年のトワイライト花火以来かな。
 その時は、「芦ノ湖って海だったのか!?」って思うほどのザップンザップンな波が立つ程の強風で、結局花火が中止だった…。
 昨年のトワイライト花火は名古屋港とかぶってしまい、翌日も業務多忙で抜け出せるレベルではなかったため、見送り。

 ということで、箱根神社節分祭冬景色花火大会へ。
 本当は、箱根の温泉も楽しみたかったが、諸事情であきらめ。

 小田原からバスに乗っていざ箱根駅伝5区コースへ…。
 ちょうどひと月前、ここを走っていたんだなぁと思いつつ、貸し切りバス(マジで運ちゃん一人で乗客一人)で芦ノ湖へ向かう。

 夕焼けを過ぎた薄慕のころに湖岸に到着。よし!今日は波だってないw

 顔見知りもちらほら。とりあえず、明るいうちに場所を決めて、夕ご飯でも…と町に出る。したっけ、どこ〜も閉店ガラガラ〜なんすよ〜。
 まぁ、箱根という観光地は泊ってなんぼで夜になると旅館に人が入っちゃうから、外食ニーズないわけですな…。しかも真冬ですし…。こうなりゃコンビニで時間を潰すか…と思うも、すでに簡易飲食コーナーは非日本語ユーザーで占められている状態。

 ということで、箱根駅伝のコースを歩く。
 箱根駅伝って、某テレビ局が総力を上げて中継するのだが、5区も芦ノ湖辺りになると妙に感情的になって客観的なコースがいまいちよく分からないんだよね。ずっとトップを映したり、アクシデントを発生した選手をクローズアップし続けたり、とにかく引きが足りない。コースの様子がいまいちわからない。ならば足で確認するがよろし!と箱根関所方面へ歩き出す。意外と起伏があったりカーブがあったりと変化に富んだコースであった。そして自分以外に歩行者がまったくいないという…。
 箱根関所まで歩き、最後の直線道路を見たところで引き返す。
 行きはシャクシャク言っていた足元(雪少し積もってた)が帰りはガリガリ君モードだった。途中わき道にそれてみたら、つるーっと滑って、おしりびしょびしょに…。
続きを読む
2

2019/1/22  1:59

1週遅れて河口湖冬花火  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲ふじっさーんとふっじさーん花火

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 例年花火初めは河口湖冬花火。田舎でガッツリどっぷりお正月を満喫するので、新春もてぎには行きづらいんですよね〜。
 ということで、今年は12日からの3連休をその初日にしようと思っていた。日中に別な用(「こころ」オフ会)が入ったが、花火は夜だから、掛け持ちだ!!って決めていた。しかーし、直前になって天気予報に雪マークがついた。これは無理は禁物と(富士河口湖町には除雪車がないのですよ、これが)、満月週末となる翌週にスライドした。
 結果として、雪は降らなかった模様だが、低い雲に打ち込まれたようだから結果オーライである。

 ということで、1週遅れで河口湖に向かう。1月21日が満月ということもあり、19日はフルムーンイブイブ。しかも月の出が結構早いので、花火の頃には十分な高度になっているはずと、河口湖大橋を渡った対岸でスタンバイ。
 こちらは花火と富士山の定番ポイント。2時台に到着。三脚を置いて、ポストを求めてウロウロ。いや、出がけにポストに入れようと思った郵便物が、まだポケットにがっつり残っておりまして…(;^_^A 
 そんなことで、河口湖半分をぐるりと回って夕飯も食べて、暗くなってから現場に戻る。そういえば、夕飯に向かうとき、富士山の稜線の向こうで花火が上がるのを見る。

 ということで、今年の初花火は「ふじてん」でしたw こちらも本店さんとか。

 そうこうしているうちに打ち上げ開始でございます!

続きを読む
1

2018/12/30  22:33

2018年〆は磯谷花火で  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲オープニング花火。この下からニョロのヨロ上がるのあまり好きじゃないんだけれど、この花火とのマッチングはよかった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 11月に突然始まった他所での内緒のお仕事(社命)。12月末が終了日ということで、盛り上がって参りました。この3連休も「終わらないなら出ろ」と口には出さないが、態度で露骨に表すお取引先の面々。
 その圧に負けて3連休の中日には出たものの、朝まで徹夜コースとなった。朝6時台によろよろと家に帰る。風呂に入って心と体を解凍して、荷造り荷造り。幸い、ぷらっとこだまの発車時刻は12時台、しかもグリーンで取っていたので、乗れば快適なベッドが待っている。その一縷の願いだけで東京駅にたどり着き、飯を仕入れて走るベッドに乗り込む。
 あ、そういえば出がけに「三脚忘れたー」という友のために2本三脚持っていったところは、褒めてもらってもいいかもw

 そしておやすみなさい。

 起きたら豊橋を過ぎていた。2時間近くは眠れた模様。名古屋で下車して、地下鉄で名古屋港へ向かう。名古屋駅で友達と出会い、無事三脚貸し出し。そのまま座敷童と化すが,親玉に見つかって撤収。なんか食べ物を求めて、広場に戻ると、海の色のイルミネーションがキレイに灯っていた。

 のびーるチーズドックを食べながら、カレンダー配布などを行い、時間前に元の場所に戻る。
なお、三脚効果で、席がグレードアップした。
 真っ暗な海を正面に打ち上げ開始でございます!! 

 って、あそこに見えるのはドローン?

続きを読む
0

2018/12/22  22:26

病院梯子してお台場へ  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲東京タワーが帰ってきたよ!!(右の方でちっちゃく赤いの)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 前年は毎週のように通っていたお台場。22日が最後となった。

 11月末の突発仕事が〆切日が近づくにつれ、どんどん締め付けが厳しく連日終電仕事となり、さらに12月の3連休も「休むのぉ?」って嫌味たっぷりに言われる始末。とはいえ、この日は病院3つ梯子を抱えていたため「無理です」ってぶっちぎってきた。

 ということで、歯科(奥歯抜歯)→耳鼻咽喉科(呼吸器)→眼科(オルソK定期健診)を梯子。眼科が横浜なため(横浜勤務時代に受信したため)全部終了した時点で15時を回っていた。
 ここからお台場に向かうには、横浜駅から新橋までJR、そこからゆりかもめが最速。
 だが、なんとその時にすでに遅延が発生しており時刻が読めない。となると、大井町から臨海線で潜る方が早いかと切り替えて向かう。
 当初はクリスマス連休中のお台場は混むから対岸の芝浦から見ようか〜とも目論んでいたが、何しろ東京タワーがこの週から復活するということもあって、お台場に渡ることにする。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ