花火鑑賞士だったり、新潟清酒達人だったり、おおよそ仕事には関係ない部分で力を発揮しています。小千谷&新潟ネタもちょこちょこ…。 ※人の顔と名前を一致させるのがとても苦手です。先に謝っておきます「ごめんなさい」

2022/6/29  0:59

長岡ローズファンタジー  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲夜の帳が降りる前に打ち上げ開始でございます!
 オープニングスターマイン「花々の共演」

 6月は亘理の花火がガスガスだったので、このままで終わるわけにいかんだろうって、帰宅後すぐ長岡ローズファンタジーのチケットをポチった。これがギリギリセーフだったらしく、購入翌日辺りでチケット完売となった。

続きを読む
0

2022/6/12  22:55

東北未来芸術花火[宮城で花火は初めてなの]  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲最初の方の尺玉

クリックすると元のサイズで表示します
▲打ち上げが始まって初めて上空にガスが滞留していることに気付く(花火がもやッと見える)

クリックすると元のサイズで表示します
▲比較的見えた尺玉。全体で2発ぐらいしか見えなかったんですよね(´;ω;`)ウゥゥ


クリックすると元のサイズで表示します
▲低い部分は割と見えるが、上空はガスで白っぽい
 左の黒い物体は、クレーンで吊ったスピーカー。まさかこんなに花火を見るのに邪魔になるところにドーーんと設置するとは(これ1台だけじゃないんですよ)。観客が見る場所も分かっていないのか!?(パイプ椅子たくさん並んでいるのに、花火が見づらくなることに気付かないの!?)何を見に客がここに来ているのか分かっているのだろうか、主催側。


クリックすると元のサイズで表示します
▲トラなどの下から噴き出すタイプは見えるが上の方はもやッとガスがかかっている。何で、6月なんて梅雨近く(この日はまだ梅雨入り前)に花火を上げようと企画したんですかね。



 1週間ぐらい前からこの花火の当日に傘マークがついていた。晴れまでは望まないが、せめて雨はやめてくれぇ−−との全観客の祈りが通じたのか、当日午後、雨が上がった。だけど、そもそも6月の開催である。梅雨が近付くこの時期(例年は6月12日ごろ入梅)になぜ花火を上げようと思ったのか…。雨は降らなくても上空のガスで花火が見えないのであれば、それは天候というより設定の問題じゃないだろうか…。
 もちろんこの時期に毎年上げる花火もあるが、その多くは大抵長年この時期に花火が上がるもので、その辺りは覚悟というか身支度ができている。
 だが、なぜ初開催という大事な日の設定を梅雨近くにしたのか…(ちなみに会場での傘の使用はNG。そこは楽天さんの雨具とか着ている人が多く見られて、宮城の皆さんの愛は感じられた)。




続きを読む
0

2022/5/16  22:01

芦ノ湖四湾一斉花火 再び!  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲昨年は元箱根から見たので、今年は箱根町港から観覧

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 昨年4月に初開催となった「芦ノ湖4湾一斉花火」、水中二尺とか、なかなか面白かった。

 今年はないのかしら…って思っていたら、何と今年も打ち上げられるとのこと(二尺はない)。昨年はまだ寒かった(雪も舞った)4月だったが、今年は5月の開催に。
 ひと月も違えば結構温かいかなぁって思って出かけたものの、標高732mの芦ノ湖はまだ冷たい水をたたえており、思ったより全然温かくなかった。桜、咲き終わっていたのに…。

 天気予報は微妙で、午後にはポツポツと雨粒も落ちてきた。すっかり春モードだった自分、結構寒かった。

 ロケハンついでに箱根町で箱根駅伝ミュージアム見物。大学に入ってから箱根駅伝は欠かさず見ていたが(近年はちょっとさぼっている)、やはりこうやって過去の記録などを見ていると、湧き上がる思いが…。やっぱり山の神:カッシーすごいぜ!
 箱根町港は昨年の打ち上げで4カ所の打ち上げポイントが撮影されていたので、端的に今年はこちらへ…。

 ただ、天候芳しからず。スタンバイするのはだいぶギリギリになり、雨も本降りorz 
 ポンチョ着込んでみたものの、雨が冷たいぜ…。



クリックすると元のサイズで表示します
▲花火が上がる時間に合わせて、海賊船から見る花火クルーズが出港。元箱根港を出発し、箱根町港でも乗客を乗せて、芦ノ湖へ出発。雨が降っていたので、最上階の人は傘を差して花火見物。そして、水面に映るウクライナカラー!


続きを読む
0

2022/5/10  22:48

スマイル☆チルドレン♡プロジェクト〜花火駅伝  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲小千谷駅からの花火撮影でした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 大曲2DAYSの興奮冷めやらぬまま、5月5日を迎えた。
 前々週に小千谷の春を楽しんだばかりだったので、久々の各駅停車の帰省とする。最近は新宿から高崎方面に行く電車があるので、それに乗る。
 うっかりしていて、予定の1時間も前に家を出てしまったので、予定より早い電車に乗ることに。これが籠原行き。何度も通過したことのある駅。まさかここで電車の乗り換えをするとは…。何もない車両区としての駅だとばかり思っていたら、エスカレーターがついてる駅だった。それで上野方面からやってきた高崎行きに乗り替え。高崎でトイレタイムを取って、おにぎりも食べて上越線に乗り換え。
 以前はこの時期の電車に乗れば途中某駅の八重桜が満開になるのを見れたのだが、やはり季節は前倒しになってしまうものらしく、葉桜しか見られなかった。
 そして国境の駅で再度の乗り換え。ここから実家までこの電車で向かう。本当は進行方向左側に乗りたかったのだが、この路線はテツ率が高く、すでに左側のボックスシートには男性陣が陣取っていた。仕方なく、右側のボックスシートに座る。
 やがて後続の電車もやってきて、なんだか満席に…。お向かいには子供連れのお母さんが陣取った。
 GWだけあり、3両編成のこの電車は子供連れが多く、車内が実に賑やかに。ってか、ものすごい子供の声がやかましい。まぁ、こどもの日だから仕方ない。

 そして国境の長いトンネルを抜ける。

続きを読む
0

2022/5/8  20:49

大曲の花火 春の章  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲トーチが灯り、青味が残る空に、青い花火が打ち上がるオープニング

クリックすると元のサイズで表示します
▲白い芯入の青い花火が揚がり

クリックすると元のサイズで表示します
▲さらに複雑な花火が打ち上がる。

クリックすると元のサイズで表示します
▲徐々に打ち上がる花火そのものがオープニング


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ