花火鑑賞士だったり、新潟清酒達人だったり、おおよそ仕事には関係ない部分で力を発揮しています。小千谷&新潟ネタもちょこちょこ…。 ※人の顔と名前を一致させるのがとても苦手です。先に謝っておきます「ごめんなさい」

2020/7/28  12:21

復活の花火!  花火

クリックすると元のサイズで表示します
▲斜めに火を引く花火が4本走って、五芒星を成す(足りんけど)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 ようやく、ようやく花火を見ることができた!

 1月25日以来だからちょうど半年ぶり。長かった、長かったよ…。好きなものを見れないのつらかったよ…。
(6月の「CHEER UP!花火プロジェクト」はウチからは見えなかった)

 今回の花火はプライベート花火である。

 打ち上げは大曲の煙火店「北日本花火興業」
 (花火会社を花火マニアは煙火店と呼ぶことが多い)
 日本には数百の煙火店があり、中には打ち上げだけというところもある。こちらの煙火店は花火の製造も打ち上げもするところである。

 この話を最初に聞いたのは6月のこと。だが、その日付は自分が恒例の出向に行く企画の校了日近くであった。いつも、校了前の週末はボロボロになって出社して必死に仕事をしていた記憶。出向先に3日泊まったなんてこともあった。
 今回も多分そんなことになるだろうという予測で出向に出た。そして渡されたスケジュールを見て絶望する。校了日が早まっており、その打ち上げ日にドンピシャになっていたのである。

 もうだめだ〜。せっかくの貴重な花火なのに〜( ノД`)シクシク…



 知っている人も多いだろうが、コロナ禍では「三密禁止」が常識となり、人々が集まる花火大会は2月ごろから中止が相次いでいた(冬だって春だって花火大会はあるのよ)。

 そんな環境下、どうやったら花火が打ち上げられるか…。とチャレンジしたのが6月1日の「CHEER UP!花火プロジェクト」であった。日時は直前に公表、場所は秘密のサプライズ打ち上げ。それが「三密」を回避する方法だった。

 だが、花火はただで上がるものではない。通常はスポンサーがついて、その費用で打ち上げられることが多いが、「CHEER UP!花火プロジェクト」は全国の煙火店側が身銭を切って打ち上げたものである。
 見ていた人は幸せな気持ちになったのかもしれないが、煙火店は夏の花火大会が中止となり、日々の活動もできず、経営的に苦境に陥った。そんな状況下で身銭を切って打ち上げてくれたのである。

 そんな状況を知っている人が、今回の花火を発注した。
 骨折であちこち飛び回れず、花火も全然見れない自分にも情報が回ってきた。

 とはいえ、その日!?


 だが、この状況を打開したのもコロナであった。
 この仕事の発注元(大手)はコロナ禍で売り上げ急降下。全同月比97%減とか壊滅的な営業数値となっていた。そんな状況下の仕事であったためトータルの仕事量が減り、また担当者各位も在宅やら計画休業やらであまりおられなかった。こういう条件下でより効率化が進み、なんと校了直前にその校了日が早まることになったのである。
 それが打ち上げ前日。

 自分、初めてコロナにポジティブな印象を持ったよ…(罹患された方々にはお見舞い申し上げます)。
 

 慌てていろいろ手配。
 出稼ぎの打ち上げ会を早々に辞し、荷造りをする。


 そして翌日北へ向かった。

 夕方、最寄り駅に降り立つ。いきなり知り合いの大御所に遭うw 
 一緒に現場に向かうと、河原にはもう人々が…。
 考えてみれば、彼らと会うのも1月以来だったりするんだよなぁ。自分は骨折後初復帰だし…。
 あいさつ大会始まる。だけど「密」はダメなので、観覧は分散して…。

 やがて西の空が赤く染まり、闇が下りてくる。
 そして地域FMから花火打ち上げのアナウンス。

 そして打ち上げが始まる。


クリックすると元のサイズで表示します
▲先変化は北日本さんのお得意玉

クリックすると元のサイズで表示します
▲花キキョウ芯と八方に葉落が彩りを添える

クリックすると元のサイズで表示します
▲美しい八方の足元を虹が彩る

クリックすると元のサイズで表示します
▲八方もバリエーション多く、美しい

クリックすると元のサイズで表示します
▲発色の良い千厘の足元を虹が彩る

クリックすると元のサイズで表示します
▲北日本さんの十八番である型物も忘れずに



 とても個人スポンサーとは思えないほどの規模と内容で、本当にこれが花火復帰第一弾となったことはうれしいことだった。
 終わると同時に拍手が沸いた。そして、花火師との「光の交換」も行った。

 この花火は羽生結弦選手がフリーで使用した「SEIMEI」に合わせて打ち上げられたものである。自分はさらに、映画「陰陽師」の主役であった野村萬斎氏も大好きであるので、とてもうれしい花火だった。


 時間はそれほど長いものではないが、個人で打ち上げるには当然大きな費用が必要となる。そしてその要望を聞いて、この花火を作り上げてくださった北日本花火興業の素晴らしさよ!
 ヘッドライトを振りながら、そっと涙をぬぐった。

5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ