マル鉄・鉄道写真館

 
鉄道コム
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:キハ181つばさ
風旅記様
本来なら抑速ブレーキ付きの455系3両編成で十分に足りる輸送密度に成り下がっていましたが、おそらくは乗務員(機関士)活躍の場として残されていたのではないかと思います。かつては麓の福島近辺もすべてが普通客車列車でしたので、相当数の機関士が存在していましたから、電車運転士への転換等、組合事情が大きかったのではないでしょうか。
趣味的には、これだけ大型強力な電気機関車がたった2両の客車を牽引する姿は滑稽以外の何物でもなく、横軽のEF63重連が115系3連を仕方なくアシストしていたのと同じような役割に見えます。
かつては長編成の普通列車が往来していましたので、名残から成れの果てといった図式が寂しく思えますね。
投稿者:風旅記
こんばんは。
2〜3両の短い編成を重量感のある機関車が牽く姿、板谷峠の厳しい鉄路に似合っているように感じます。お写真のような板谷峠の鉄道の風景、見てみたかったものです。
私が初めてここを訪ねたときには、既に改軌後でしたが、峠の各駅残る旧駅のスイッチバックの遺構を見てまわりました。お写真のような列車が走っていた様子を想像しながらため息をついていました。
今では新幹線に直通する特急列車が静かに走り抜けているとは、隔世の感を禁じ得ません。
素晴らしいお写真を拝見させて頂き、ありがとうございました。
風旅記: https://kazetabiki.blog.fc2.com

https://kazetabiki.blog.fc2.com

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

広告

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
AutoPage最新お知らせ