マル鉄・鉄道写真館

 
鉄道コム
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:キハ181つばさ
風旅記様
鋼製の時代は各社のコーポレートカラーというのがハッキリしていましたが、さすがの今となっては銀色に侵食され、各社とも苦労の跡が見えたり、諦めが見えてくるようになりましたね。相鉄なんかはかなり思い切ったイメチェンに踏み切ったようです。
この写真の当時では、大手私鉄でもまだ吊り掛け車が一部に残っていました。最後の頃ですね。
地方私鉄への払い下げによりこれら旧型が生き延びる例は当たり前にありましたが、大手私鉄同士での譲渡はやはり珍しかったようで、当時も話題になったようです。
私自身も、今回調査するまでまったく知りませんでしたし、色が違うだけでその面影を見抜くこともできなかったのはちょっと悔しかったですね。
投稿者:風旅記
こんばんは。
最近では名鉄に「赤くない」電車が増えてきまして、真っ赤な車両の魅力を改めて感じています。
私が名鉄を訪ねた頃には既に吊り掛け式の電車はなく、ローカル路線の末端区間や岐阜市内線は廃止された後でした。
お写真の頃には、雑多な車両が第一線で活躍し、一方でパノラマカーが走り抜ける、まさに名鉄らしい姿があったのではないでしょうか。
遠く離れた東急から、わざわざこのような古い車両を手に入れるとは、混雑対策を急いでいた以外にも事情があったのだろうと思いますが、本当に珍しい事例ですね。吊り掛けの音を響かせて走る姿、私も見てみたかったものです。
風旅記: https://kazetabiki.blog.fc2.com

https://kazetabiki.blog.fc2.com

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

広告

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
AutoPage最新お知らせ