マル鉄・鉄道写真館

 
鉄道コム
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:キハ181つばさ
金町のH様
昔、機関区ですと比較的に自由に入らせてもらうことができましたが、電車区・客車区・貨物操車場への出入りは非常に難しかったですね。編成が長いので運転士や操車からも見通しが悪く、広大な敷地で頻繁に入換が行われているため、一般や侵入者の立ち入りには厳しかったのだと思います。
突放入換では1列車の入換を前後しながら行うため、1列車の分解には数十分掛かってしまうと思いますが、ハンプでは坂から次々と切り離して転がらせ、受け持ち番線で各担当が待機しあちらこちらで間髪なく連結していきますので、1列車でも20分は掛からなかったと思います。
ですから、連結する衝撃音は比較にならないほど大きく多くなります。
さらにハンプではカーリターダーのエアー音が非常に大きく、これも加わることによって相当な騒音になっていました。
3交代時代は夜中2時くらいまで、朝は5時くらいから入換を行っていましたので、近隣の方はそんな騒々しい音を聞きながら就寝されていたんですね。
投稿者:金町のH
ハンプの、しかも夜の写真は貴重です。
作業の合間にやって来る、いっときの静寂。経験者にしか分からないほっとするような不思議な空間なんでしょうね。
そのコメントの後に、改めて画像を見ると、雰囲気が伝わってきます。
ありがとうございます。

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

広告

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
AutoPage最新お知らせ