マル鉄・鉄道写真館

 
鉄道コム
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:キハ181つばさ
PIN様
おそらくですが、「まりも」14系化後においても荷物及び郵便輸送は続いており、昭和60年・昭和61年にそれぞれの事業終了までは混合列車の役割が終っていなかったのではないかと思われます。
客車自体はこの列車のために残されていたと考えられます。
私もこの頃は既に就職していて道東にまでは足を伸ばすことができませんでした。混合列車は既に消滅していたと認識していたので、当時知っていたら無理しても行けばよかったとちょっと残念に思います。
投稿者:PIN
また妙な画像を見てしまいました。
写真のリンクは勝手に貼れませんが、
1983年9月に乗った根室本線 で画像検索すると1発で出てきます。
S58/9の釧路行の写真らしいのですが、
機関車次位にオユ10令から始まりコキ5500(台枠の色判断)で終わっております。
S58/6/25からの「まりも」は14系化されており、一体この旧客2両は何処から来たのでしょうか?
いろいろ調べたつもりなのですが迷宮に迷っております。
S57/11/14までなら説明は簡単なのですが、
記事では航空機事件のことにも触れられているので、
思い違いでも無さそうです。
お忙しいところに、またもやヘンテコリンなコメントをスミマセン。

大韓航空の事件
投稿者:キハ181つばさ
PIN様
コメントから心配になって過去資料を確認してみましたら、「八甲田」→「ニセコ」のリレーは私の完全な記憶違いだったようです。いつからか架空の物語を構築してしまったようです。
改めてネットで調べてみますと、隅田川〜青森間は往復とも荷物列車に連結されていたようです。運用区間が隅田川〜根室となっているので、上野発の急行列車に連結するのはちょっと無理があるということですね。今頃になってようやく理解ができました。
今回の混合列車ではコキ10000に着目して記事にしてきたのですが、思わぬところから郵便車・荷物車の運用にまで波及してしまいましたが、当時の複雑かつ壮大な運用に触れることができ、良い記事になったと思います。
疑問の投げかけから思はぬ謎解きができました点で感謝いたします。
投稿者:キハ181つばさ
金町のH様
とりあえず1枚だけアップいたしましたが、その他は特集を組ませていただく予定です。
この時代はレンタカーなどという便利な制度もなく、タクシーなんて贅沢品も使えませんから、徒歩鉄が当たり前でしたね。私も免許を持っていない高校〜就職直後は良く歩いたものです。
今では列車は前向きのヘッドライト点灯状態を撮るのがセオリーというか鉄則のようになってしまいましたが、昔は前後関係なく自分のイメージに合うように撮っていました。そういう意味では、狙いがあったか無かったかは別にしても、記録に残る写真というのは決まりきった構図でかっこよく撮れているだけの写真に比べて数段上を行く記録になると思います。
おそらく、コキ10000の中間車が最後部から緩急車に邪魔されずに撮れるシーンというのはここ位しかなかったのではないかと思います。
投稿者:PIN
先のコメントを書いて先人の記録を見直してみると、
この記事の参考されたS54の当時「八甲田」は
ARC列車編成資料館や主要列車編成のページでは
オユ10の連結は53/10で無くなっていたようです。
またまた謎を広げてしまいました。
S54/9/30までなら「十和田」を疑ったのですが、
マニ37なのとオユ10との連結順序が逆なんですよぉ〜
      ↑   君は何処から来たの? 
投稿者:PIN
「八甲田」はワサフ連結なので無視して調べていました。
隅田川から出発の荷43か45で青森で組成されたのですかぁ〜
深いですね。
よくも当時の荷や郵客車は行方不明にならないものですね。
投稿者:金町のH
古い写真をご紹介いただきましてありがとうございます。
1973年3月の根室本線落石〜別当賀、有名な海沿いの築堤区間よりもさらに別当賀寄り、丘陵地帯のSカーブを行く444列車です。正面も撮っていますが、カーブの様子が面白くて、後部も撮ったようです。
朝の気動車で落石駅に着き、歩いていきました。下りの441列車は落石岬から海越しに撮っていますので、岬経由で行ったようです。我ながら当時はよく歩いたものです。歩けば歩くほど、未知の素晴らしい撮影地に出会えるような気がしていました。

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

広告

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
AutoPage最新お知らせ