マル鉄・鉄道写真館

 
鉄道コム
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:キハ181つばさ
金町のH様
詳細な情報ありがとうございます。
これはマジ廃止ってところですね。経年が浅いのに、本当に勿体ないと思いますが、これも企業努力の一環なのでしょうから、トキを捨ててでもこちらの方がコストを下げられるってことなんでしょうね。
お互いに住んでいる地域から安中貨物自体が消えてしまい、変化が無くなってしまったのは残念でした。
全国的にもトキの定期はここだけだったと思うと、本当に貴重だったんですね。トキだけ編成も当時はガッカリしたものですが、今となってはこのようなシチュエーションも貴重だったということですね。
地元ではコキタキだけ。国鉄時代には想像できない世の中になってしまいました。あれだけ色々な車両に添乗したのももはや夢物語です。
投稿者:金町のH
トキだけの編成も撮っておられますね、貴重な記録です。
上下とも武蔵野線経由になってから地元を通らなくなったので、縁がなくなりました。安中行きが田端回りだったころは金町通過がちょうど15時で、タキトキ編成で江戸川橋梁を渡る独特の通過音が時報代わりだったことを懐かしく思い出しました。
今年6月に公表された東邦亜鉛の方針では「現在は小名浜製錬所で鉱石の3分の2を焼き、残りを未焙焼のまま安中に輸送しているが、22年までに全ての焙焼を小名浜で行い、その後安中で電解する体制にする。安中製錬所には現在、焙焼炉1基と電解設備2基があるが、電解設備1基を残して稼働を止める。」
だそうで、「未焙焼のまま安中に輸送」するために使われていたのがトキだと思われます。なので、今度は本当になくなってしまったようです。
ワムもトキも無くなり、レール輸送のチキも無くなり、残るはコキとタキだけですね。
模型に走る気持ちも分かります。私はすでに断捨離世代なのでやりませんが…(笑)。

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

広告

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
AutoPage最新お知らせ