マル鉄・鉄道写真館

 
鉄道コム
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
そうそう、これをヒントに「浜松 ヒサシ」で検索したら、浜松区に居たヒサシ付きは52号機だけで人気があったそうです。Hゴム化された小窓で、意外とあっさり判ってしまいました。
投稿者:宮オオ
こんばんは。
昭和51年当時、ヒサシ付きのゴハチで原形大窓機だったのは竜華・大阪・宮原と広島・下関くらいで、浜松のは黒Hゴム化が進んでたから(元お召し予備機の60号機も52年に大宮工にて黒Hゴム化された)、原形大窓機は居なかった様です。
それでも、やはり大きな魚を逃すとなると本当に悔いも残るし、他に撮ってた方がおれば手掛かりが掴めそうですけど、とても難しいですね。
それでは、この辺にて失礼します。
投稿者:キハ181つばさ
急行越前様
詳しい情報ありがとうございます。
そうですか・・・沼津のと品川のは同一のものだと思っていたんですが、違ったんですね。内容を書き直さないと。
ほんと、グリーン車にこの帯が無いとね。このデザイン、シンプルだけどだい好きでした。
投稿者:急行越前
やっぱりグリーン車は緑帯がなくっちゃねぇ!
でも、ゴハチが好きはともかくとして、このころはまだ、ロネ、ハネやグリーン車がついた急行が結構走っていたので臨時列車はお座敷でも興味がなかったです。

沼津のお座敷は番号からすると2編成目ですね。
(スロフ81 2103、2104、スロ81 2105〜2108)
因みに1編成目は金フイ、3編成目門トス、4編成目長ナノ、5編成目名ナコ、6編成目大ミハで、南シナが最後の7編成目です。

番号はスロフが2113、2114、スロが2125〜2128で、改造時期が遅かったので、6編成目の大ミハ編成と同じく、最初から白帯2本で出場してきました。
http://expechizen.exblog.jp/11902460/

「江戸」ができた後は水戸に行って茶色になりました。
http://expechizen.exblog.jp/11915142/

1981年の配置表を見ると沼津と品川の81形が一緒に存在していますから、沼津のほうは12系置き換え後はそのまま廃車になったと思います。

http://expechizen.exblog.jp/

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

拍手ランキング

1位 国鉄 交直流型電気機関車:EF81302(田端機関区)
1拍手
9/11〜9/18までのランキング結果です。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

広告

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
AutoPage最新お知らせ