マル鉄・鉄道写真館

 
鉄道コム
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
阪急に関しては行ったことが無いのでまったく知りませんが、それほど古くないと思っている車両も自分たちと同じだけ歳を取っているんですよね。
都心でも東急7600や8500系もかなりの車齢になっていますし、東武8000系、西武新101系も古典です。
姿はあたらしいですが、京成3400系もそろそろ危ないらしいですよ。
投稿者:宮オオ
おはようございます。
先日、本家・京成電車の3300形電車がファイナル・ランをしたさい、沿線にて激パ状態になったと新聞やTV、ネット配信のニュース等で話題となったばかりであり、今度の写真の車両も本家であの様になってしまってるばかりに、果たしてどうなるか注目に値します。
因みに、北総電車7260形のファイナル・ランの当日ですけど、関西の阪急電車でも京都線にて昭和35年のデビュー以来、およそ55年にわたり活躍してきた2300系電車(記念すべき鉄道友の会第1回ローレル賞受賞車両です)が、奇しくも同じ3月22日をもってファイナル・ランを迎える予定であり、すでに惜別ヘッドマーク(他に平成はじめのCI展開まえの阪急電鉄旧社章を、リタイア記念ゆえ復元して付けてるとか)を付けて、さいごの活躍をしてるそうです。
何れにせよ、東西の大量輸送時代の到来に貢献した通勤型車両が、共にリタイアとあっておしまいまで色々と話題をまきそうな感じがいたします。
それでは、私はこの辺をもちまして失礼します。

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

拍手ランキング

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

広告

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
AutoPage最新お知らせ