2006年4月にレンズ付きのコンパクトデジカメを購入しました。
コンパクトデジカメで勉強したことを忘れないように記録として書いていってます。
デジカメ暦6年になりました。ただ今過去の記事を編集中です。
雪の質感をだして撮るには。。。  撮影日記

今年は去年より寒いわりには雪はあまり降らなかったし。。。
降っても積もらなかったですね。

雪景色を撮るのは難しいですね。 下手ををするとベターと白塗り状態に。。。
それで去年、nanapapaさんに雪の質感を出す撮り方を教えてもらったので、
忘れないようにここに記録しておこうと。。。

ベターとするのは。。。
雪の反射率が高いためにカメラで設定した作画能力を超えてしまうためにおこる現象なんですね。
つまり、色を表現できなくって色がなくなってしまう状態。
それは、絞りとシャッター速度 露出がアンマッチしてるため。

要点は。。。        
@ねらうなら晴れた日の朝または夕方に。
    (昼だと白飛びしやすいです)
APLフィルターを使って反射を抑える。
B日差しの当たってる所で露光を取る。
  日陰と混在してるような場所はその境目辺りで。
  お花なんかの場合は、花と雪の境界辺りで。
C露出は+2/3 〜+1.0
DWBは晴れで。
 冷たく寒い感じを出すなら電灯で。
        (赤味を抑えるので青味が強くなります)

光のとらえ方が重要。
 測光または斜光
のっぺらな所は避けて起伏のあるような所を探す。

あと、晴れた時 曇ってるとき それぞれの撮り方がありますが、機会があれば試してみてください。
                                              (SNOWの掲示板から)







教えてもらったことを頭に入れながら撮りました。
以前は雪と空が同化してベターとしていたけど。。。ちょっとマシかな。と。。。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

今年は雪景色が撮れなかったです。
2枚の写真は去年撮影しました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ