2013/9/12  14:54

丸亀城130509  

丸亀城

丸亀城(まるがめじょう)は讃岐国、現在の香川県丸亀市にあった城である。
別名、亀山城、蓬莱城ともいう。
築城主: 奈良元安
築城年: 室町初期
主な改修者: 生駒親正、山崎家治
主な城主: 生駒氏、山崎氏、京極氏


2013.5.9
第78札所 郷照寺を出て、第77番札所道隆寺へ行く前に、丸亀城へ立ち寄って来ました。
郷照寺から約4kmの道のりを歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
土器川橋
土器川橋上から前方左側の山の上に丸亀城が微かに見える。

土器川は、香川県仲多度郡まんのう町および丸亀市を流れる香川県唯一の一級河川。
かつて河口付近の川原から取れた粘土から土器を作っていた事から、その名の由来とされる当時の土器村(現在の丸亀市土器町)にちなんで名づけられたと言われている。
(Wikipediaより)


クリックすると元のサイズで表示します
丸亀市民会館
芸術鑑賞や文化活動の拠点として、また自主文化事業としての各種舞台公演や演奏会を開催している。


クリックすると元のサイズで表示します
丸亀地図
丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを堀(内堀)で囲む、輪郭式の平山城である。


クリックすると元のサイズで表示します
大手二の門


クリックすると元のサイズで表示します
内堀
鯉のぼりが吊られているが、無風でぶら下がっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
大手一の門
国の重要文化財
大手二の門の入口門と違い、ひとかかえもある大きな柱や梁(はり)でしっかりと組まれ、大手の正門らしい威厳と風格を備えている。


クリックすると元のサイズで表示します
見返り坂
直線で結構きつい。
ここを一気に登ると三の丸から二の丸へと続く。


クリックすると元のサイズで表示します
三の丸から観た丸亀の街A
三の丸の高石垣が、美しさと堅固さを誇ってそそり立つ。
石垣の上端で垂直に立ち、徐々に緩やかな曲線を描き、遂に土に埋もれる優美な姿は、丸亀城壁の美しさである。
ここからの展望も素晴らしい。


クリックすると元のサイズで表示します
三の丸から観た丸亀の街B
正面の尖った山が讃岐富士


クリックすると元のサイズで表示します
三の丸から観た丸亀の街(パノラマ)
遠く右側に尖った富士さんみたいな山が讃岐富士と言われる飯野山です。
左手前の山が青野山で瀬戸大橋の傍にあります。


クリックすると元のサイズで表示します
三の丸から二の丸へ


クリックすると元のサイズで表示します
天守閣
国の重要文化財


クリックすると元のサイズで表示します
天守閣からの展望(1)
天守閣まで登るとさすがに見晴らしが良かった。
天守閣からの展望(1)〜(3)まで左から右へと3枚撮影しました。


クリックすると元のサイズで表示します
天守閣からの展望(2)


クリックすると元のサイズで表示します
天守閣からの展望(3)


クリックすると元のサイズで表示します
丸亀城の石垣
石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう独特の反りを持たせる「扇の勾配」となっている。
この石垣の高さは約二十二メートルあって、本丸まで三段の高さは四十メートルに近い。


クリックすると元のサイズで表示します
うちわの工房「竹」
丸亀城内にある、うちわ工房。
うちわづくりの実演や販売を行っている。

丸亀城から次の77番札所道隆寺まで約4kmを歩く。
http://photo.ap.teacup.com/sikokujunrei/105.html

                   青葉の百姓 2013.5.18記


--------------------------------------------------------
クリックすると元のサイズで表示します
仲間に撮って頂いた画像追加


               青葉の百姓 2013.5.18追記




★ネット仲間からのコメントです。
-------------------------------------------------------
けーさん
2013年05月19日 23時08分
寄り道をするときはバスとか利用されないのですか?

青百
2013年05月20日 06時30分
当初の予定では78番郷照寺から歩いて字多津駅まで行き、電車に乗り丸亀駅から丸亀城まで歩き、再度丸亀駅から多度津駅まで電車に乗り歩いて77番道隆寺へ行く予定でした。
このルートではバックするような感じだったので78番郷照寺→丸山城→77番道隆寺まで4km→4km、計8kmを歩いて行きました。


               青葉の百姓 2013.5.20追記




5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ